神はサイコロを振らないの新曲「巡る巡る」が、ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」の新CMソングに決定したことが12日、わかった。楽曲は4月13日0時に緊急配信となる。

 CMは、成田凌さんと小日向文世さんをアンバサダーに起用したブランドCM第4弾で、『新しい出会いは、TikTokから』篇として2021年4月13日(火)より全国で放映開始となる。

 新キャンペーンテーマは『新しい出会い』。TikTokの大きな特徴の一つである「おすすめ」フィードは、各ユーザーが興味を持ちそうなコンテンツを届けるレコメンドシステムによって作られ、一つとして同じ「おすすめ」フィードはない。今まで見た事のない世界や、知らなかった情報に出会わせてくれる。今回のTVCMでは春の新生活シーズンにあわせ、TikTokを通じて多様なコンテンツ、新たな世界に出会ってみよう、というメッセージが込められている。

 TikTok新CMソング「巡る巡る」は、季節が巡り、変わってゆく日々の中で新しい出会いを重ねながらも、自分を信じて歩んでいこうというメッセージを込めた、始まりの唄。楽曲を書き下ろした4人組ロックバンド「神はサイコロを振らない」のボーカル柳田周作はこの楽曲について「学生時代、ステージに立ち輝いていた同世代の男の子を見て、自分がそこに立つ瞬間を夢見ていた。

「巡る巡る」ジャケ写

 あの頃の夢より、もっとスケールの大きな夢を抱いた今、進むべき方角を時に見失えど、いつだって道標は心の中にある。何処までも広く続くこの世界で、巡り巡る四季を越え、無限の中に光るたった一閃を掴み取って欲しい」とコメント。

 CMは、孫(成田凌)と入れ替わってしまったおじいちゃん(小日向文世)。桜が咲き誇る春の景色の中で新生活シーズンをしみじみ感じながらTikTokを見ていると、クリエイティブな空間でかっこいい動画を上げているおじいちゃん(中身は孫)の動画に遭遇。そのセンスに感銘を受ける姿をコミカルに描いている。

 CMは、TikTokがメインパートナーとなっているアート集団チームラボの新施設「チームラボ & TikTok, チームラボリコネクト:アートとサウナ 六本木」での撮影が行われ、映像系TikTokクリエイター・ぞのさんっ が小日向さんにTikTok動画を指南。瞬く間にハイクオリティなTikTok動画を制作するシーンも描かれている。

 ロックバンド「神はサイコロを振らない」は、2020年「夜永唄」がバイラルヒットし、その後もシーンの中で存在感を高め続けている。先月17日にリリースとなった1stシングル「エーテルの正体」はオリコン週間ランキングで9位を獲得。今年5月からはバンド結成地である福岡での公演はZepp Fukuokaを皮切りにLive Tour 2021「エーテルの正体」を行う予定だ。

作品情報

Digital Single「巡る巡る」

2021年4月13日 配信リリース

https://kamisai.lnk.to/meguruPR

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)