動画投稿アプリTikTokに投稿した“バンドあるある”動画がミリオン超えの再生視聴を記録するなどSNS上で人気が急上昇しているインディーズガールズバンドshe9の楽曲が9日、4月18日放送開始となるABCテレビドラマ『結婚できないにはワケがある。』の主題歌とエンディングテーマに決定した。

 she9は2019年冬に結成した、なみだじゅり(Vo)、AMI(Gt)、yuzu(Ba)、苑(Dr)からなる4人組Z世代ガールズバンド。今回TikTokでの活躍に興味を持ったドラマプロデューサーからのラブコールによりインディーズバンドとしては異例の主題歌「最強★ピース」、エンディングテーマ「BPM」2曲を提供する大抜擢に至った。

 『結婚できないにはワケがある。』は、2018年から電子書籍レーベル「恋するソワレ」で連載されている累計2,300万ダウンロード突破の邑咲奇による同名人気マンガを原作とするドラマ。30歳までに結婚を夢見る、若月佑美演じる“まりこ”と、速水もこみちが演じる人形愛好者という秘密の趣味を抱えるイケメンエリート上司・富澤課長、そして富澤課長が溺愛する人形みちゅこ。異質な3人(?)が織りなす不思議な三角関係ワケありラブストーリーが描かれる。

『結婚できないにはワケがある。』

 she9起用の理由についてプロデューサー矢内達也氏は「ふとSNSで目にした4人組のガールズバンドshe9。音楽に聞き入ってしまう不思議な“何か”を持っていると感じ、これだ! と確信しました。」と述べている。

 今回の大抜擢にshe9メンバーは「この素敵な作品とご一緒できることに感謝しています。このドラマとともに、多くの人に曲が届くとうれしいです。」などコメントしている。

 また、she9は本日4月9日を“シーキューの日”と定め今晩20:00~TikTokライブ、20:30~Instagramライブをそれぞれバンド公式アカウントから配信を行うことが決定しており、ドラマ主題歌「最強★ピース」の初披露を予定している。なお「最強★ピース」と「BPM」のTV Ver.が4月19日に先行配信される。

矢内達也氏(ABC テレビプロデューサー)コメント

 主人公が人形を愛しすぎてしまうというインパクトの強い内容に負けない、勢いのある主題歌がないかと漠然と考えていた際に、ふとSNSで目にした4人組のガールズバンド「she9」。どんな音楽なのかな?と思い再生すると、演奏ではなく、「バンドあるある」の動画でした。ただ、最後まで見てしまう。そして、音楽にも聞き入ってしまう不思議な“何か”を持っていると感じ、「これだ!」と確信しました。

 不思議な人形・みちゅこが大活躍するこの作品と、不思議な魅力を持つ「she9」さんの音楽が織りなす、これまでにない化学反応を楽しみにしてください。

she9 メンバーコメント

 たくさんのアーティストの中から私たちを探しだしてくれて、胸がいっぱいです。自分たちの曲が主題歌、エンディングテーマとして起用していただけて本当に感謝でしかありません!ベースのyuzuは、以前から邑咲奇さんの作品が大好きで、この原作のファンでもあり、このお話があったときは
人生で一番興奮しました。この素敵な作品とご一緒できることに感謝しています。このドラマとともに、多くの人に曲が届くとうれしいです。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)