9人組ガールズ・パフォーマンス・グループGirls2(読み:ガールズガールズ)が28日、声優を務めるオリジナルアニメ『ガル学。〜聖ガールズスクエア学院〜』の実写ドラマ化が発表された。2021年夏、テレビ東京系ドラマとして放送されることがわかった。

 自身名義によるEPやアルバムのリリースを始め次代を担うガールズ・パフォーマンス・グループとして音楽面はもちろん、様々な活動を通して日本に元気を届けてきたGirls2。フレッシュな著名人を部門ごとに表彰するファッション誌『NYLON JAPAN』の企画『NYLON'S NEXT 2021』ではガールズグループ部門を受賞した他、原宿竹下通りやファッションブランドWEGOとのコラボレーションを実現するなど音楽だけに止まらず多方面で注目を集めている。

 『ガル学。〜聖ガールズスクエア学院〜』は、そんなGirls2が<おはガール>として出演しているテレビ東京系列『おはスタ』内でメンバー全員が声優を務めている2020年4月から放送中のオリジナルアニメ。今回の実写ドラマ化は、3月29日(月)のアニメ最終回を前に、アニメ&リアルパフォーマンス&本人たちによるキャラクターの実演がひとつのステージ上で交差する新感覚のエンターテインメント配信ライブとして、3月27日(土)28(日)の 2日間に渡って開催された『ガル学。Anime LIVE 2021 〜ツナグツナグ〜』の2日目本編終了後の生配信パートにおいてメンバーの口から伝えられた。

 生配信パートでは、アニメ『ガル学。』で初めて声優に挑戦したことや新しい形式の配信ライブに臨んだ想いをトークで振り返りつつ、2021年3月をもって『おはスタ』を卒業する小田柚葉、隅谷百花、鶴屋美咲、小川桜花、増田來亜の5名はおはガール from Girls2名義でリリースした楽曲をメドレーで披露するなど、これまでのGirls2の活動を感じられる演出の数々で多くのファンの胸を熱くさせた。

 さらに、当日は『おはスタ』でメインMCを務める<スバにぃ>こと人気声優の木村昴がサプライズゲストとしてステージに登場。『おはスタ』を卒業するメンバーへ花束とはなむけの言葉を贈ると同時に、2021年夏の実写ドラマ『ガル学。〜聖ガールズスクエア学院〜』の主題歌がGirls2とスバにぃとのコラボレーションによる楽曲に決定したことが告げられ、メンバーはステージ上で歓喜する姿を見せた。

スバにぃ(木村昴)(C)ShoPro・TV TOKYO

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)