DOBERMAN INFINITY(ドーベルマンインフィニティ)の新曲「konomama」(5/5配信)が4月24日にスタートする、白濱亜嵐主演の新土曜ナイトドラマ『泣くな研修医』の主題歌に決定した。

 4月24日にスタートする、白濱亜嵐主演の新土曜ナイトドラマ『泣くな研修医』。鬱陶しいほどの熱い情熱を持って一人前の医師になることを目指す雨野隆治(白濱亜嵐)が、研修医としてその第一歩を踏み出した先で待ち受けていたのは、何もできず、何もわからず、先輩医師や上司から怒られるばかりの毎日…!

 それでも押し寄せる傷ついた患者を前に、無力である現実に打ちのめされ、葛藤し、幾度となく涙を流しながら、それでも“医師”という職業への強い思いと熱意を失わず、同僚の研修医たちと共に成長していく姿を描く、青春群像劇。その主題歌が、DOBERMAN INFINITY(ドーベルマンインフィニティ)の新曲『konomama』(5/5配信)に決定した。

 MCのKUBO-C(クボシー)、GS(ジーエス)、P-CHO(ピーチョウ)、SWAY(スウェイ)、そしてボーカルのKAZUKI(カズキ)という、4MC、1ボーカルという5人から成るDOBERMAN INFINITYは、ヒップホップを軸にR&B、ファンク、ロック、EDMなどあらゆるジャンルを融合させた「オールラウンドヒップホップ」をテーマに掲げて活動する唯一無二のヒップホップグループ。

 そんなDOBERMAN INFINITYによる主題歌『konomama』は、何かに全力に立ち向かいながら上手く行かずにもがいている時、どんな事があっても人生の主役は自分なんだという事を忘れないで欲しいという想いと、いつだって勇気となれるような、聴いてくれたリスナーに、自分の心の声のように鳴り響く楽曲を目指し、話し合いを繰り返しながら作詞されたそう。DOBERMAN INFINITYも「上手くいかない時こそ考え方の角度を変えて、ハッと気付いてもらえるきっかけになるような楽曲を作れたと思います」と語り、そのメッセージや世界観はまさに『泣くな研修医』にピッタリ。主演の白濱亜嵐も「全ての人が自分の“人生”という物語の主役なんだと思わせてくれる曲」と絶賛した。

『泣くな研修医』

 さらに、この『konomama』の制作にも携わっていた☆Taku Takahashi(m-flo)が、『泣くな研修医』の劇伴(=伴奏音楽)も担当するが決定。DJ、音楽プロデューサーとして活躍し、これまでm-floでの活動はもちろん、ソロでは国内外のアーティストのプロデュースを手掛け、またアニメやドラマ、映画、ゲームなど様々な分野のサウンドトラックも監修するなど、まさに日本音楽界をけん引する一人。そんな音楽の名手が手掛けるサウンドで、ドラマにより一層の厚みをもたせる。

☆Taku Takahashi(m-flo)

「串カツ田中」と斬新コラボレーション

 本ドラマと主題歌を担当するDOBERMAN INFINITYと、「串カツ田中」とのコラボレーションが決定した。 4月17日(土)~5月17日(月)の間、店舗名が「串カツ泣くな研修医」に変わります。 また今回のコラボレーションではDOBERMAN INFINITY、「串カツ田中」とともにオリジナルメニューを企画、販売していく。そして、その売上の一部は医療従事者の皆さまに寄付される。

白濱亜嵐(雨野隆治 役)コメント

白濱亜嵐(雨野隆治 役)

 『konomama』は、出来ない自分に情けなくなったり、このままでいいのかと不安になったり、僕達自身も同じようにそんな毎日を過ごしている中で、それでも今、一生懸命頑張っている全ての人に、どんな言葉を伝える事で背中を押せるのだろうかと、メンバーや☆Takuさんとディスカッションを重ねて作詞しました。

 上手くいかない時こそ考え方の角度を変えて、ハッと気付いてもらえるきっかけになるような楽曲を作れたと思いますので、今をもがきながらも 全力で立ち向かっている全ての人に届いて欲しいと願います。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)