ちあきなおみの作品80曲が収録された幻の5枚組BOXセット「The Anthology of NAOMI CHIAKI ちあきなおみ大全集」が、20年ぶりに復刻盤として3月17日より再発売される。

 歌手・ちあきなおみの23年間における軌跡が余すことなく網羅されたこのBOXセットは、全80曲にも及ぶ豪華盤で「喝采」「黄昏のビギン」「星影の小径」「かもめの街」などの代表曲をはじめ、「夜霧よ今夜もありがとう」「狂った果実」「東京砂漠」といった石原裕次郎作品やムード歌謡。さらには、「カスバの女」「遠くへ行きたい」といった昭和の名曲や抒情歌。そして「矢切の渡し」「紅とんぼ」といった船村徹作品など、5つのテーマで計5枚のCDに収録されている。

「The Anthology of NAOMI CHIAKI ちあきなおみ大全集」

 3月26日には、BS-TBSで特番「魂の歌!ちあきなおみ 秘蔵映像と不滅の輝き」の再放送も決定しているが、活動休止から29年が経った今も、彼女に関する特番がBSなどで繰り返し放送されるたびに、2019年の発売から現在まで累計35000枚以上の売り上げとなっているアルバム「微吟」(びぎん)が、放送終了後に各通販サイトでのCDチャートが軒並み1位に。

 まさに、今後その姿と歌声をリアルタイムで見ることが叶わないであろう「伝説の歌手・ちあきなおみ」の歌声が完全網羅されたこのBOXセットは、これまでのファンに限らず「昭和歌謡」を新しいと感じる若い世代にも届けたいアイテムとなっている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)