オリジナルメンバーのEXILE MAKIDAI・VERBAL・DJ DARUMAに加え、昨年10月に白濱亜嵐が電撃加入し4人体制となった新生PKCZ(R)(読み:ピーケーシーズ)が、3月5日に新体制後、初の配信シングル「GLAMOROUS」(読み:グラマラス)をリリース。そのMUSIC VIDEOが3月10日23時にYouTubeで公開された。

 今回の楽曲は「シークレットボーカル」が参加していた事から話題になり、その正体はバーチャル空間(VR)の中での音楽展示即売会=【Music Vket2】内で3月6日に実施されたPKCZ(R)のバーチャルライブイベント「PKCZ(R) VR SPECIAL ChamberZ」のみで、その正体が明かされていた。

 白濱亜嵐がボーカルとしても参加した「GLAMOROUS」のMVは、現実世界での退屈な日常から、PKCZ(R)がバーチャル世界で開催する秘密のPARTY「PKCZ(R) VR ChamberZ」へ人々を誘うストーリーとなっており、PKCZ(R)から送られてきた謎のボックスに入ったヘッドセットを人々が装着すると、バーチャルリアリティの世界に一気にワープ。そこには、現実の自分ではない自分、PKCZ(R)が作り上げた見たことのない世界が繰り広げられている、という展開。女性キャストには「Oggi」専属モデルの香川沙耶が出演。今作は映像作家のYKBX監督が手掛け、PKCZ(R)とは初のセッションとなった。

「GLAMOROUS」MVキャプチャ

 PKCZ(R)は実際にも株式会社HIKKYが主催する「Music Vket2」で海外のVRクリエイター達が企画したDJイベント「Club Emission LIVE Debut」のバーチャルクラブ会場を監修。本物さながらの豪華なクラブ空間でPKCZ(R)メンバーがリアルタイムでDJプレイする様子がVR内のブースに生配信され、日本をはじめとする、アメリカ・香港・台湾・インドネシア・マレーシア・タイなど、世界から参加したアバター達が思い思いにダンスや空間を楽しんでいた。さらに3月6日バーチャルライブ「PKCZ(R) VR SPECIAL ChamberZ」を開催。自身もアバターとなりライブ出演やファンミーティングを行うなど、バーチャルの世界でのクリエイティブが注目された。

Vバーチャルとリアルを繋ぐPKCZ(R)のDJパフォーマンスに世界中の視聴者から多くのコメントが寄せられた

 新型コロナウイルスは未だ先を見通せない状況が続いているが、PKCZ(R)は今後も国内外のファンたちに新たなエンターテインメントの楽しみ方を提供していく。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)