NCT 127が27日、Japan 2nd Mini ALBUM『LOVEHOLIC』から収録曲「FirstLove」を先行配信した。

 1月27日、アーティスト名にある、127は韓国ソウルの経度を表しているが、2016年1月27日に、SM ENTERTAINMENTからNCT 127のもととなるNCTグループの構想が発表され、2018年1月27日には1stツアーのソウル公演を実施、2019年には2020年3月リリースの『NCT #127 NEO ZONE』から「Dreams Come True」の先行配信と、毎年1月27日にはスペシャルなギフトを用意してきたNCT 127。

 今年は、NCTグループ全体として世界で550万枚のアルバム売上、NCT 127として150万枚以上の売上を達成、まさに上昇気流の真っただ中にいる彼らが発表した「First Love」は、オールドスクールミディアムテンポR&Bナンバー。

 127の日に、ファンへのプレゼントとして、初恋の胸の高鳴り、トキメキをピュアに表現した歌詞はギフトにぴったりだが、琴線に触れるシンセトーンと心地いいメロディラインの90’s風味サウンドはファンならずとも、耳なじみのいい1曲。

 公開するやいなや、日本、韓国はもちろん世界のツイッタートレンド1位2位を独占。トレンドランキング中に関連ワードがいくつも見られた。

「めっっっっっちゃいい!!」
「ずっと聴く。墓場まで持っていく」
「なんだね、この90年代シンセサウンドがバチバチにかっこいいオシャレミュージックは!」や、「ラブホリ期待でしかない」と、

 また、オフィシャルサイトには歌詞も7言語で公開。Rakuten Musicリアルタイムランキング1位など各種音楽配信サイトで上位にランクインした。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)