グラミー賞、エミー賞にノミネート経験があるアーティストで、ファッション・アイコン、活動家としても活躍するジョン・バティステが、ブラック・ポップ・アルバム『ウィー・アー』を3月19日にリリースすることを発表した。アルバムのプレ・オーダーを開始し、先行シングル「アイ・ニード・ユー」をリリースした。また、同時にMVも解禁。MVはカミラ・カベロや、Jay-ZのMV監督も務めるアラン・ファーガソンが総指揮を行い、エミー賞ノミネートの芸術監督・振付師ジャメル・マクウィリアム(ジョン・レジェンド、ジャネル・モナエの振り付けを担当)が振り付けを手がけた。

 先行配信となった「アイ・ニード・ユー」は、ソング・ライターのオータム・ロウ、プロデューサーのキッゾとタッグを組んで制作・作曲され、20世紀初頭に黒人ミュージシャンの中で愛されたサウンドに、現代ポップ的なプロダクションとヒップ・ホップのストーリーテリングが融合されたジャンル・レスな楽曲に仕上がった。幅広い音域を縦横無尽に繰り出すバティステのボーカルが、ピアノとサックスの波に飛び込む爽快チューンとなっている。ジョン・バティステは本楽曲に関して「この曲は世間の雰囲気を浄化する、2020年以降の世界を包み込む暖かいハグのようなものです。さあ、バイヴスを取り戻しましょう!」とコメントしている。

『ウィー・アー』ジャケ写

 MVは、バティステが訪れた美術館を舞台に繰り広げられるファンタジーが軸となり、バティステはリトル・リチャードやジェームス・ブラウンを連想させるストーリーのリードマンと、バンド・リーダーの一人二役を演じる。1920~40年代のハーレムでのスイング・ダンスにオマージュを捧げ、当時流行した映画のエッセンスを加えた。

 3月19日にリリースとなるアルバム『ウィー・アー』は、ジョン・バティステ本人が「キャリア・チェンジング(=ターニング・ポイント)」となると自負している作品で、パンデミックと不安定な世界を鼓舞するアンセムとしての役割も秘めている。収録されている楽曲の大半が、彼が音楽監督、バンド・リーダーを務めるCBSの人気トーク番組「ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア」の楽屋でロウとキッゾと共に作曲され、ニューヨーク、ロサンゼルス、そして彼の故郷であるニューオーリンズでレコーディングされた。彼のルーツであるブラック・ミュージックへのラブレターでもあり、メイヴィス・ステイプルズ、クインシー・ジョーンズ、ザディ・スミス、マルーン5のメンバーであるPJモートン、トロンボーン・ショーティ、セント・オーガスティン高校のマーチング・バンド、バティステの父であるマイケル・バティステなど、多くのアーティストが参加した。プロダクションには、ポーモ(アンダーソン・パーク)*、リッキー・リード(リゾ)*、ジャハーン・スウィート(ドレイク、エミネム)*などの豪華な制作陣が名を連ねている。

 ジョン・バティステはディズニー&ピクサー最新作『ソウルフル・ワールド』の音楽担当に抜擢されたアーティストで、NBAのオール・スター・ゲームでの国歌斉唱や、アメリカの国民的番組「ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア」の音楽監督兼バンド・リーダーとして、全米を通して幅広い知名度を誇る。昨年にはブラック・ライヴス・マターでの音楽を使った平和的デモ活動も注目を浴び、ジェニファー・ロペスとマイケル・B・ジョーダンらと共に、コーチの広告にも登場。

*()内は各プロデュースを担当しているアーティスト。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)