今夏7週連続配信され、ツイッタートレンド入りするなど話題となったASMR音声作品「ねこぐらし。」の続編が今秋から配信。第6弾のキャラクターが10日、発表された。

 第6弾は、「ねこぐらし。2〜アメショ猫娘と癒やしのひととき〜」となり、ダウンロード販売サイトのDLsite(読み:ディーエルサイト)で12月14日(月)より販売開始される。「ねこぐらし。2」は第5弾まで販売されており、第6弾は“アメショ猫”となる。未だキャストは発表されていない。

 シーズン1では、あの世とこの世の狭間にある旅館“猫鳴館”が舞台となっていたが、シーズン2では秘湯“マタタビの湯”が舞台となり、温泉地での心地良いASMR音と共に、今まで語られなかった作品のストーリーも徐々に明らかとなるとのこと。

 ASMRとは、人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、脳がゾワゾワするといった反応・感覚のことを言い、最近ではASMRに関する音源や動画がYouTubeやInstagramなど、数多く投稿され人気を呼んでいる。

 「ねこぐらし。」は、あの世とこの世の狭間にある旅館“猫鳴館”を舞台にし、様々な個性を持った猫娘たちが登場。「選ばれし人」(リスナー)から最も愛された猫は、巫女として選ばれ現世に人として生き返ることができるとか…

 キャラクターデザインはぶーた氏、音源制作はクリエイティブサークル:CANDY VOICE(読み:キャンディーボイス)が担当する。

 シーズン2も残すところ、第6弾と第7弾の二作品となった。二作品のキャストは誰が務めるのか。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)