GLIM SPANKYが19日、2年ぶりとなる5th ALBUM『Walking On Fire』を、10月7日にリリースすることを発表した。そしてALBUMのNEWビジュアル、ティザー映像が公開となった。

https://youtu.be/6c8FtDgz8CA

 『Walking On Fire』は、ロックジャンルに縛られない、GLIM SPANKYが持つ幅広い音楽性が垣間見えるそんな作品だ。彼らの代名詞であるルーツミュージックを感じさせる一方で、どんな時代でも万人に向けて“今鳴らすべき音”を融合させたALBUMが完成。

『Walking On Fire』通常盤

 先行配信されたリード曲「東京は燃えてる」は、プロデューサーに昨今数々の大ヒットを生み出しているトオミヨウ氏を迎え、新たなGLIM SPANKYの境地を伺うことができる。ロックを軸にしながらも、打ち込みサウンドも融合し、“今鳴らすべき音”を突き詰めたアレンジは、彼らの大望を感じさせるものになっている。

 さらに、origami PRODUCTIONSのmabanua氏をプロデューサーに迎えて制作した楽曲「Up To Me」も収録。ブラックミュージックのフィルターを通しながらも、ジャンルに捉われないアプローチで音を鳴らすmabanua氏と、GLIM SPANKYのコラボレーションも聴きどころとなっている。

 先日発表した10月9日より全国順次公開される、GLIM SPANKYの出身でもある長野県の、りんご農家を舞台にした映画「実りゆく」の主題歌「By Myself Again」も収録される。

 他にも、テレビ朝日系 木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長 2020』(主演:内藤剛志)主題歌の、ブラスアレンジに注目の王道ロック「Singin’ Now」も収録。ステイホーム期間中に宅録で制作した、打ち込みサウンドが新鮮なデジタルシングル曲「こんな夜更けは」、そしてGLIM SPANKYの定番ともいえるスタジアム級ヘビーロック曲、ピアノとストリングスが響くバラード等、計12曲入りのアルバムとなる。

『Walking On Fire』初回限定盤

 先行配信された「東京は燃えてる」に対して、メンバーからのコメントも届いた。

 松尾レミ(Vo/Gt)は、「遠目で見ると綺麗でも近くで見ると汚いものってありますよね、わたしは都市に対してそれを感じることがあります。そして、大勢の希望と絶望が入り混じって燃えている煙が見えます。人生はどんなときでも分岐点に立たされている気がしていて、その選択次第で良いも悪いもどちらにでも行けてしまう。その先で、私たちは何度も燃え尽き、また火をつけ、少しずつ進んでいるような気がしています。様々な迷いや葛藤の中で闘いながら生きる私たちですが、根底はいつだって希望を求めているはずです。そんな思いを曲に込めました。是非たくさん聴いてください!」

 亀本寛貴(Gt)は、「これからの2020年代のGLIM SPANKYの新しいギターロックサウンドの土台になる曲だと思っています。僕らの音楽を今まで沢山聴いてくださっていた皆さんにもこれから出会う皆さんにも気に入って頂けたら嬉しいです。」
とコメントしている。

「東京は燃えてる」ジャケ写

 そして、初回限定盤には、2019年11月29日に東京キネマ倶楽部で行われた「Velvet Theater 2019」のライブ音源と、ライブ映像が収録される。ディープでサイケデリックな物語へワープしたような、そんな世界観を表現したコンセプトライブを映像化。1960年代アメリカ西海岸で流行し、様々な音楽イベントでも披露されていた“リキッドライトショー"が、当時の手法そのままに演出されている。さらに、ファンからの要望も強い、こちらのライブ音源も収録となる。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)