小澤亜李×天城サリー『やくならマグカップも 二番窯』作品に臨む姿勢に迫る
INTERVIEW

小澤亜李×天城サリー

『やくならマグカップも 二番窯』作品に臨む姿勢に迫る


記者:村上順一

撮影:村上順一

掲載:21年10月05日

読了時間:約7分

 声優の小澤亜李と天城サリーが、10月からCBCテレビ、MBS、TOKYO MX、BS11、AT-Xにて放送されるアニメ『やくならマグカップも 二番窯』で声優を担当することが8月に発表された。『やくならマグカップも』は岐阜県南部に位置する多治見市を舞台に伝統工芸品「美濃焼」をテーマに4人の女子高校生が陶芸の魅力にのめりこんでいく青春ストーリー。一期が2021年4〜6月に放送され、続編となる『やくならマグカップも 二番窯』がスタートする。

 2010年に多治見市の有志や企業が集まり“街を元気にしよう”というプロジェクトの一環から始まった。地元IT企業の株式会社プラネットが2012年より発行するフリーコミック「やくならマグカップも」が原作。アニメは一期に引き続き、30分番組のうち前半15分は通常アニメパート。後半15分が実写パートという珍しい2部構成のアニメで、メインキャラクター4人の声を担当する、田中美海、芹澤優、若井友希、本泉莉奈がアニメから飛び出して、本作の舞台となる岐阜県多治見市を紹介・体験する。

 アニメの中で小澤亜李は伝説の陶芸家である姫乃の亡き母親・土岐川姫菜を、天城サリーは姫乃の母・姫菜の作品を見るためにメキシコからやってきたヒメナ・バルデスを演じる。インタビューでは、2人がどのような気持ちでこの作品に臨んだのか、陶芸への興味や、モチベーションを上げるために聴いている音楽など、話を聞いた。【取材・撮影=村上順一】

「全然違った!」

『やくならマグカップも 二番窯』

――『やくならマグカップも』を観て、いかがでしたか。

天城サリー 主人公の(豊川)姫乃ちゃんと一緒に陶芸のことを学べる作品だなと思いました。私も姫乃ちゃんと同じで陶芸というのは湯呑みやお茶碗ばかりだと思っていたのですが、この作品で銅像とか色んなものが作れることを知りましたし、多治見ならではの文化が学べる素敵な作品だなと思いました。

小澤亜李 二期の台本を読ませていただいて、姫乃ちゃんの一歩進んだ陶芸の楽しさが書かれていて、ワクワクしながら新しいことにチャレンジしていくんだろうなと思いました。

――どのようなイメージで役作りに臨みましたか。

小澤亜李 土岐川姫菜の役をいただいてすぐにアフレコだったので、実際に陶芸を体験したりはできず、キャラクター作りのヒントは台本とそのシーンの絵しかありませんでした。きっと監督さんには“姫菜像”があると思ったので、それに対応できるように柔軟に考えて臨みました。

――小澤さんはどのようなイメージを浮かべていましたか。

土岐川姫菜(CV:小澤亜李)

 私は綺麗で可愛らしい、そして職人気質でしっかりした女性というイメージで最初は臨んだのですが、監督さんから「そういう感じではないです」と。姫菜はもっと大胆で人を巻き込んで行くような自我を持った女の子、なので、もっと遊んで弾けて下さいとのことでした。私はそれで「全然違った!」(笑)と、今まで持っていた姫菜のイメージを全部捨てました。

――天城さんはいかがでしたか。

ヒメナ・バルデス(CV:天城サリー)

天城サリー 私の役はヒメナ・バルデスというメキシコ出身の女性で、姫菜の作品の魅力に惹かれて、メキシコから日本に来てしまったというキャラクターです。私はスペイン語は話せるのですがメキシコに行ったことはなくて。メキシコ訛りの日本語がわからなかったので、メキシコ人で日本語を話すYouTuberさんを見て、どのくらい日本語が訛っているのか勉強しました。

――演じるキャラと共感したところはありますか。

小澤亜李 姫菜はセンスがあって、どんどん陶芸を作っている子だったので、私が共感する部分というと難しかったんです。ただ、その中で好きなものを作る時は徹夜してしまうところは一緒だなと思いました。私も声優を目指していた頃、ドラマCDを聞いたり、お芝居のことはまだよくわからなかったけれど、演技力を上げたいという理由から色々なものに触れて、感性を高めたいとがむしゃらに過ごしていました。姫菜も色々なところに赴く描写があって、私も同じように舞台を観に行ったりしていたので、立場は違いますが似ているなと思いました。

天城サリー 共感したところは、私は生まれも育ちもロサンゼルスで、日本のアニメを好きになってヒメナと同じように突発的に日本に来たので、好きなものに対する気持ちの真っ直ぐさは一緒だなと感じました。もう、その気持ちが「わかるわかる」って(笑)。

――「やくならマグカップも」の1期で印象的だったシーンは?

天城サリー 久々梨三華(CV:芹澤優)ちゃんの明るさというのは、登場した時から引き込まれました。そして、各話で陶芸についての新しいことがわかるので、推しポイントかなと思いました。

小澤亜李 姫乃がお父さんのお茶碗を割ってしまって新しいお茶碗を探すというお話の中で、落ち込んでしまうシーンが印象に残っています。姫乃が衝撃を感じている場面もあって、ハートフルな中にも真剣なシーンがあったり、成長の一つに繋がるんだなと感じました。

――『やくならマグカップも』は2部構成で後半には実写パートもありますが、いかがでした?

小澤亜李 見ていて楽しかったです。すごく多治見に行ってみたくなりました。陶芸の楽しさが伝わるアニメパートと、多治見の良さが伝わる実写パートという感じがしました。この実写パートはお昼のニュースの間に挟んで欲しいくらい、みんなに見て欲しいなと思いました(笑)。

天城サリー 私は実写パートがあるということを知らずに観ていたので、突然実写パートになってビックリしました。皆さんの自然体の姿、多治見の素晴らしいところを教えてくださるので、私も多治見に行ってみたい! と思いました。

――お二人が実写パートでやってみたいことは?

小澤亜李 陶芸をやってみたいです!

天城サリー 銅像を作ってみたいです。みんなでろくろを使って小さいパーツを少しずつ作っていって、最後にドーンと大きいのを作ってみたいです。

モチベーションを高めるために聴いている音楽

小澤亜李(左)×天城サリー

――お二人は過去に陶芸を体験したことはありますか。

天城サリー 今年に入って、ヒメナちゃんを演じることが決まった時に、友達が陶芸をやってみない? と誘ってくれたので、お茶碗や湯呑み作りに挑戦しました。実際にやってみたらめちゃくちゃ難しくてビックリしました。全然器にならなくて、オブジェみたいな感じのものが出来て(笑)。そこで陶芸の繊細さを知りました。

小澤亜李 私は人生でまだ一度もやったことはないんですけど、なぜか実家にろくろがありました。小さい頃は友達とその台にぬいぐるみを乗せてぐるぐる回して遊んでいました(笑)。それがろくろだと知ったのは学生になってからで、家族で誰も陶芸をやっていた形跡がないので、なぜ、ろくろが家にあるのかはいまだに不明なんです。

――お茶碗やカップを選ぶ時にこだわりはありますか。

天城サリー 私は手が小さいので、自分の手にフィットするものを選ぶようにしています。あと、キャラものを集めるのが好きで、特にマーベル作品が好きなのでマーベルとコラボしているお茶碗が家にいくつかあります。それで食べるとご飯がより美味しく感じられます(笑)。

小澤亜李 私はシンプルなもの、特に真っ白なものが好きでした。陶芸は渋いイメージがあったのですが、最近は美濃焼や有田焼などを知って、すごくキレイだなと思うようになって。女性が好きそうな形や色もあるんですよね。可愛いのを見つけてはネットで購入したりしています。

――お二人が声優のお仕事などする際、モチベーションを高めるために聴いている音楽はありますか。

天城サリー 最近よく聴いているのがAmber'sさんというグループの「アブノーマル」という曲です。知ったきっかけはTwitterで流れてきたショートバージョンでした。それを聴いた時にすごく良いなと思いました。もっと破天荒な事をやっていこうよ、というメッセージを持った曲なんですけど、この曲を聴いて「ヨッシャ!」と気持ちを切り替えています。

小澤亜李 私は年齢を重ねて落ち着いた曲が好きになってきました。今は韓国のシンガーソングライターのIUさんが気に入っています。10代の頃から両親が流していたので存在は知ってはいたんですけど、時を経てMVなどを観ているうちにハマってしまいました。すごくリズミカルなんですけど、落ち着いた雰囲気のある歌なんです。翻訳した詞を見て、こんなに素敵な事を歌っているんだとわかって、その詞に没入しながら聴くのがすごく心地よくて。一回気持ちを整えてくれるような感覚があります。

――最後にお二人が演じるキャラの注目ポイントを教えてください。

天城サリー ヒメナちゃんは登場した時はカタコトの日本語を使っていたんですけど、回を重ねるごとに多治見弁が入ってきたり、どんどん多治見に馴染んでいくところに注目してもらえたら嬉しいです。

小澤亜李 一期でも度々登場していた天才陶芸家がついに喋り出すということで、どんなキャラになっているのか注目して欲しいですし、姫菜の話を聞いた姫乃ちゃんが色々発見して成長していくところも楽しみにしていて欲しいと思います。

(おわり)

プレゼント情報

Twitterフォロー&リツイートで以下の賞品をプレゼント!!

【プレゼント内容】 抽選で1名様にサイン入りフォトプレゼント。 【応募期間】 2021年10月10日〜10月17日23時59分まで。

【応募方法】
・@musicvoicejpをフォロー
・上記のツイートをリツイート

当選された方には、TwitterのDMでご連絡をさせていただきます。

【注意事項】
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は応募対象外となります。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は応募が無効となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・転売行為は固く禁止させていただきます。

この記事の写真
村上順一
村上順一

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事