山根涼羽、稲垣香織

<〇〇な2人:連載アフターインタビュー(10)>
 AKB48山根涼羽がMCを務める、ライブ配信アプリ「17LIVE」の番組『AKB48 広報 山根涼羽と○○(マルマル)な2人』の第10回生配信が1月4日に行われた。新年最初のゲストは、山根が心の支えと慕う同期の稲垣香織。社会人からアイドルに転職したまれな経歴を持つ彼女の素顔とは。これまで聞き役に回っていた山根と共に深堀する。【取材・撮影=木村武雄】

できないから努力する、稲垣香織

 「ずっと出たかった番組だったのですごく嬉しいです」。配信中は、緊張でまともにカメラが見られない状態の稲垣だったが、目は輝き楽しんでいる様子だった。「素が出せるメンバーは涼羽ちゃんと(武藤)小麟ちゃんぐらい。アイドルというよりも友達みたいな感覚です」という言葉に、山根は「本当に嬉しいです!」と表情を緩ませた。

 この日の配信では、13日に『新春!AKB48フレッシュコンサート2022~冬もやっぱりAKB!~』を控えるメンバーから小林蘭、安田叶、多田京加、石綿星南が飛び入り参加した。占いが趣味で知られる稲垣はお手製のおみくじで占った。

 小林は“ずん吉”。「ずんずん進むとよし、迷わず行け!」。安田は“イン吉”。「不正をするべからず、さもないとアンモナイト」、多田は“諭吉”。「金運に恵まれます」、石綿は“吉ショー”「ちきしょーと思うことが多々あります。“ずん”を17回唱えるといいです」、山根は“吉祥寺”、「良くも悪くもないです。ラッキースポットは吉祥寺!」。

 稲垣ならではのユーモアで周囲を明るくさせた。

左奥から多田京加、石綿星南、右手前から山根涼羽、稲垣香織、小林蘭、安田叶

 「普段のAKB48メールはちゃんとした占いをやっていますが、今回のようなときは面白くやっています。今回は“吉”つながりで5個を考えました!」と少女のような目を見せる稲垣に、「そういうのを考える天才なんです。ダジャレもうまい!」と山根は称えた。配信でも終始笑いっぱなしで頬を赤らめていた。

 そんな趣味の占いも、いつしか自分を知ってもらう強みになっていった。「自分でもそうなるとは思っていませんでした」という稲垣だが、自身がアイドルとしてステージに立っている姿は占えただろうか。

 社会人を経験した異色の経歴を持つ。童顔だが同期のなかでは一番年上の24歳。オーディションを受けたのは18歳の時。「AKB48がずっと好きで憧れていましたが、年齢的に応募すらできなくなるのかと思っていました。でもそんな時に16期生オーディションがあり応募資格が20歳までと書いてあって『あ!セーフだ!』とすぐに応募しました」。合格し16期生としてAKB48に加入した。

 だが、いまだにアイドルの自分を信じられないでいる。「なんで受かったんだろうと今でも思います。私を応援してくれる方は本当にすごい。だから私もそれに感謝してメールや有料サービスは絶対にいっぱい送りたいし、楽しんでもらいたいからやりたいと思うんです」

 「私はアイドルっぽくないから頑張らないと!」周囲が語る稲垣の印象は努力の人。山根もこう明かす。

 「香織ちゃんは加入前までダンスも歌もやっていなかったんです。。だから寝る時間を削って人の何倍も練習して周りに追いつこうとしていて、そういう影の努力がすごいんです。ほんわかして、ちょっとポンコツに見える部分もあるかもしれないけど、人の何倍も努力している。でもそれを全面に出したり、威張らない。それがすごいなって思うんです」

 努力をアピールしても良いところだが、稲垣は「努力というか、出来なすぎるからやっているだけなんです」と控えめだ。

 その一方で、思い切りの良さもある。「なんでも挑戦するタイプかもしれないです。できないと思ってもとりあえずやってみようと」

 配信中も、現在実施の17期生オーディションの応募者に向けて「迷わないで挑戦してほしい」とメッセージを送った。「入る前に悩んでも仕方がないと思うんです。入ってから考えればいいのかなって思うので、まずは行動に移してみることが大事かなって思います」

 公私ともに仲が良い山根もそういう思い切りの姿を間近で見てきた。

 山根「香織ちゃんは決断力もあって『とりあえずやっちゃえ!精神』を持っているんです。私がいろんなことに悩んでいても『大丈夫!やっちゃえ!やっちゃえ!』とか、買い物で買うか迷っている時も『買ったらいいじゃん!』って。思い切りがすごくいいんです」

 その思い切りの良さはどこからくるのか。「全てが運命だと思うんです。出会う人、出会うもの全てが運命。占いも悪い結果が出てもそれを受け止めてポジティブに考えています」

 その性格は、山根の支えにもなっている。

山根涼羽、稲垣香織

いつかは選ばれたい、けどグループのために 山根涼羽

 稲垣が慕う山根。「ずんちゃん」の愛称で知られるが、稲垣は「涼羽ちゃん」と呼ぶ。「涼羽ちゃんは絶対に否定しないし、誰にでも優しい。皆がハッピーになれる」

 第1回配信から行っている取材で見えてきた山根の人の根は、誰とでも仲がよく、親しまれ、人の良いところをすぐに見つけられるという点。「もともと感受性があって、影響されやすいんです」とも語っていたが、経験から養われた観察眼が、いまの山根を形成する。

 山根「小中学生の頃は少しとがっていたんです。でもAKB48に入って上京してから、妥協することもが大事というか、いろんなことを経験して一歩大人になった感じです。その場の雰囲気が良くなるなら折れますし、どんなに仲が良くても相手の良いところを見つけたらすぐに言うようにしていて、そういう関係性が好きなのでそうしています。一歩引いて、自分の意見が絶対とは思わないようにしています」

 そうした心構えがメンバーの信頼を生み、この番組のアットホームな雰囲気を作り出している。そして、感受性の豊さは表現力にもつながっている。

 AKB48が出演する番組やイベントを積極的に発信し続けてきた山根。いつしかファンの間では「AKB48の広報担当メンバー」と呼ばれるようになった。自身が出演していない公演や歌番組でも告知する。

 山根「最近は、ファンの方から『ずんちゃんのツイートは私たちの思いを代弁してくれる』と言ってくれることが多くて。言葉の引き出しも多いとも言ってくれるので将来はエッセイを出したいです!」

 ただ、その感受性はもろ刃の剣でもある。過去にも「ネガティブになりやすいんです」と語り、落ち込んだ時期もあった。でもそんなときに支えてくれたのは他ならぬメンバーだ。千葉恵里らとのエピソードは過去にも語られている。そしてもう一人、支えになっているのは稲垣。

 恒例のキャッチコピーで稲垣に付けたのは「私がAKB48にいる間はずっといてほしい存在、卒業しないでほしい存在」

 その理由をこう語る。

 山根「私が体調不良で休養する前、東京にいる間は香織ちゃんに支えてもらいました。コンサート期間中は常に隣にいて『体調大丈夫?気分大丈夫?』と聞いてくれたり、休養中も『755』というアプリで私が復帰するまで毎日、2ショットをあげてくれて。毎日電話くれたり、復帰した後も『大丈夫?自分に優しくしてね、責めすぎないでね』と連絡してくれて。私がいまAKB48にいられるのは香織ちゃんの支えがあったから。一生卒業しないでほしい」

 その稲垣は「自分が出ていない番組でも、メンバー一人一人の名前を書いてツイートするのはできそうでできないこと」と山根の“広報”ぶりを称えつつも、本心を見抜いていた節がある。「悔しいかもしれないのにやっているのがすごいと思います」

 明るい表情を見せながら山根が語る。

 山根「いつか歌番組にも出演したいですし、シングルの選抜にも入りたいです。番組やイベントなどで選抜されるときにもその中に入りたい気持ちもあります。もちろん悔しい気持ちも。でも客観的に考えた時に、自分がこうしたいではなくグループのためにできることを見つけたいと思いました。今はすごくこの場所は居心地がいいです。5年間やってきたことが今こうしてこの番組に繋がっているのかもしれないとも思いますし、でもそこからもっと成長しないといけないという気持ちもあって。まず今はAKB48のためにここで頑張れたらと思っています」

 “広報室”はいつしか彼女自身が帰れるホームのような場所になっている。

 山根「歌番組に出演しているメンバーのことをツイートするとファンの方が喜んでくれるんです。その感想を見た時にやって良かったなって思えるんです」

 AKB48のために行動したことがいつしか自分を支える居場所に。その山根の努力に、横山由依や大家志津香は過去の取材で「ずんちゃんが築いた場所、すごいと思うし、このまま続けてほしい」とエールを送っている。

次回ゲストは武藤姉妹

武藤十夢(右)・小麟(C)AKB48

 そして次回11日配信予定のゲストは武藤十夢・小麟姉妹。山根、稲垣共に小麟とは同期だ。

 稲垣「小麟ちゃんからはよく十夢さんの話を聞いて掛け合いが楽しいなと思っているので、言い合いも楽しみです!」

 山根「武藤姉妹が出たいと言ってくれていて、ちょうどスタッフさんにそれを伝えたら『次出るよ』って。まなくる(田口愛佳×鈴木くるみ)以上の言い合いに期待ですし、徹底裁判コーナーが楽しみです。私はお兄ちゃんがいるんですけど、けんかをしたことがなくて。なので武藤姉妹のような姉妹や兄弟はびっくりなんです。でも次回の見どころは徹底裁判です!楽しみにしてほしいです!」

(おわり)

※「AKB48広報 山根涼羽の○○な2人」次回11日(火曜日)は19時45時から配信。なお、17LIVEアプリをダウンロードすれば無料で視聴が可能だ。
アカウント:
AKB48_official
https://17.live/profile/r/13741515

※AKB48
1月12日(水)、13日(木) にパシフィコ横浜 国立大ホールで、AKB48フレッシュメンバーによる『新春!AKB48フレッシュコンサート2022〜冬もやっぱりAKB!〜」とチーム8メンバーによる「新春!エイトの日2022 横浜おしゃれ祭り」を開催。さらに、2月5日(土)、6日(日)には東京ガーデンシアターで「AKB48新春コンサート(仮)」を開催し、5日(土)は現チームでのラストコンサート、6日(日)はカップリング曲のリクエストアワーと新チームでのコンサートを行う。

約5年ぶりとなる「AKB48第17期生オーディション」(https://www.akb48.co.jp/lp/audition17th/)の応募期間は2月7日(月)まで。

さらに1月18日(火)からは テレビ東京にて、『バラエティ Paravi 「AKB48、最近聞いた?~一緒になんかやってみませんか?~」』(毎週火曜深夜1時35分~2時05分)スタート。詳細、最新情報はAKB48公式サイト(https://www.akb48.co.jp)で。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)