INTERVIEW

坂口渚沙

自身の変化、メンタル「強くなった」
『未成仏百物語』インタビュー連載


記者:鴇田 崇

写真:鴇田 崇

掲載:21年09月15日

読了時間:約5分

<『未成仏百物語』インタビュー連載>坂口渚沙

 AKB48から選出された8名のメンバーが、巷にあふれている不可解な出来事やミステリアスな世界、心霊現象などを成仏させるという、かつて類を見ない怪談エンターテイメント映画『未成仏百物語~AKB48 異界への灯火寺~』に出演した。8名それぞれが怪談エピソードを座談会で語り合い、その後供養するドキュメント形式で、メンバー全員が紹介するエピソードのうち、小栗有以、倉野尾成美、込山榛香、武藤十夢はドラマパートとなり、坂口渚沙、鈴木優香は事故物件サイトの運営でおなじみの大島てる氏との事故物件現場による対談。行天優莉奈は都内某所による心霊スポットへの体験ツアーへ向かい、大盛真歩は“怪談語り”と様々なアプローチで怪談話を披露する。今回、MusicVoiceでは8人全員のインタビューを連載。アイドルとしての笑顔を封印して映画に身を投じた彼女たちは、出演を経て何を想い、何を感じたのか。話を聞いた。【取材・撮影=鴇田崇】

坂口渚沙

オカルトが大好き

――完成した映画を観ていかがでしたか?

 怪談の語りや、実際に心霊スポットに行っているメンバーもいれば、ドラマ形式もあるので、いろいろなカタチがあるので飽きないで楽しめました。

――ご担当は対談でしたよね。

 わたしは大島てるさんと対談したのですが、もともとオカルトが大好きなので、怖いどころか撮影が待ち遠しかったくらいです(笑)。行く前はドキドキしていましたが、実際にロケで行ってみたら事故物件の内部が意外にきれいになっていたので、「これは住めるかも!?」って思っちゃいました(笑)。

――大島てるさんにもご興味あったとか!?

 そうですね。一度お会いしてみたかった方でしたね。てるさん自体は霊感がないようで、それにも関わらずいろいろと詳しく紹介していてすごいなと思いました。オカルト系の番組をよく観ていて知っていたので、お会いできてうれしかったです!

――怖くはないんですか?

 怖いですが、「なぜ?」という好奇心が勝っている感じです。ただ、実際に行く前、なんだか取りつかれるかも知れないという恐怖心はありました。

――いずれお仕事にしたいですか?

 オカルト系の番組にたくさん出たいという願望は強いです。幽霊以外にも妖怪もUFOも大好きで、そういう番組にもぜひ出たいです。

――女性版稲川淳二さんみたいな?

 大好きです! 稲川淳二さんのアニメも観ました。そういうアイドルもいないので、いいですよね(笑)。

坂口渚沙

自分の強み…

――今回8人のメンバーが出ていますが、事前に相談や会話などはしましたか?

 事前に撮影にあたっての打ち合わせがあって、このオカルトでAKB48盛り上げていければいいよねという前向きな話と、後は遊びではないので霊を気遣うような気持ちを持って撮影をしましょうと、そういう話をしました。

――反対にメンバーで一番の怖がりはどなたなのですか?

 それはもう行天優莉奈ちゃんです。みんなが言うと思いますけど(笑)、リアクションがかわいかったですよね。

――ちなみに自分とは違ってすごいなって感心してしまうメンバーはいますか?

 ゆうかりんですね。後輩になるのですが、先輩にもちゃんと意見を言えるタイプで、すごいなって思います。わたしはそういうタイプじゃないので、正反対ですね。わたしはかなりの人見知りなので、先輩とペラペラ話せてうらやましいなと思います。芸能界で生き残れそうな雰囲気がとてもうらやましいです(笑)。

――ご自身も弱くはないでしょう???

 はい。強くなりましたね。今8年目ですが、3~4年前までは緊張しすぎて号泣したり、メンタルがとても弱かったんです。環境になれなかったですね。それだけ人見知りの壁が厚かったんです。最初は本当に辛かったですね。

――今、活動をしていく上で自分らしさについて考えることはありますか?

 自分だけの何かを、と思うことはあります。自分だけの、誰ともかぶらない枠を探したいけれど、まだ探し中です。それこそオカルトも極めてみたいし、好きなことを見つけて、それを極めて発信していきたいという思いはあります。

――見つかりそうですか?

 みんな、最近は資格をよく取っているので、わたしも取りたいなと思います。

――武藤十夢さんは最近ファイナンシャル・プランナーの資格も取りましたよね。

 オカルト系の資格ってないですかね(笑)。妖怪検定とか。

坂口渚沙

課題

――普段、ファンの方々にアイドルとして元気や感動を音楽で届ける立場かと思いますが、反対に自分が元気や感動をもらっている音楽はありますか?

 きゃりーぱみゅぱみゅさんや松田聖子さん、嵐さん、Perfumeさんが好きなんです。松田聖子さんは昔の歌謡祭などの映像をよく観るのですが、とてもかわいいんです。声も素敵で、ドハマリです(笑)。

――どの曲がお好きですか?

 「夏の扉」はテンション上がります! 「夏の扉」を聴きながら散歩するのが好きです。

――あこがれますか?

 そうですね。昔はあこがれの人を真似する、意識することをしていたのですが、それをすることで自分がロボットに見えてしまうので、今はしないようにしています。当時は、まゆゆさんがすごくあこがれで、最初の推しメンはともちんさんだったのですが、まゆゆさんのアイドル像がすごく好きになったんです。

――そこで自分らしさも考えるようになった?

 でも、自分らしさを出すことに苦労するんです。まゆゆさんの真似でもアイドル像は出ていたのですが、それを失くすことでどうしていいかわからない迷走期はありました。

――今の課題ってなんでしょう?

 自分で新しく物事を始めるのですが、そのまま続けて大丈夫かなと怖くなって辞めちゃうので、それは欠点だなと思います。やっていて意味あるのかな? と思い始めちゃうんですよね。以前、身長が149センチしかないので低身長のモデルになりたくて、自分で雑誌を作っていたんですよ。1年くらいやっていたのですが、意味あるのかなと思って辞めちゃいました。

――きっとそこには原因がありそうですよね。

 たぶん、締切に追われると辞めちゃうので、月に1回とか決めてしまうと、わたしはたぶんダメなんです(笑)。なので、そういう決まりがなく続けられそうな自分の好きなことを探しているんですよね。でも、締切が嫌いなんてダメですよね(笑)。

――最後に映画を待っているファンの方へメッセージをお願いいたします!

 この映画は、わたしたちメンバー自身と同じ目線の体験型になっていると思うので、そういう感じで観ていただけるかなと思うのと、わたしも大島てるさんからいろいろな話を引き出せたと思うので、共感しながら観てほしいなと思います!

(おわり)

この記事の写真
鴇田 崇

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事