INTERVIEW

鈴木ふみ奈

芸術的なものでありたい。
グラビア歴11年。写真集『Leap』で新たな挑戦


記者:木村武雄

写真:

掲載:21年08月03日

読了時間:約8分

 グラビアアイドルの鈴木ふみ奈が、写真集『鈴木ふみ奈写真集 Leap』(撮影・田中智久、発行・KADOKAWA)を発売した。過去3冊の写真集を発売しているが、これまでにない最大露出に挑戦。「出してもいいと思った」というその理由とは何か。グラビア歴11年。これまで培ってきたノウハウと溜めていたアイデアをこの写真集に詰め込んだ。芸術性の高いグラビアを目指す彼女がこの写真集で実現させたかったものとは何。【取材・撮影=木村武雄】

鈴木ふみ奈

過去一番の露出にした理由

――今回作るにあたってどのような思いで臨まれましたか。

 今までの写真集と圧倒的に違うのは、最初に担当編集さんから「爽やかに明るく撮りたい」と言っていただけたことです。そのなかでしたら過去一番の露出をしていいと思い、マネージャーにお願いしました。スタイリストさんも女性誌を担当されている方でしたので、女性が見ても楽しめるショットになっていると思います。もちろん男性もグラビアファンの方がグッとくるようなショットもあります。そのあたりのバランスがうまくできていると思います。

――爽やかに明るく、というのが露出の決め手ということですが、それはなぜ?

 露出感は、グラビアをするにあたってみんなが向き合っていることだと思うんです。グラビアの場合、これまでと違うものを出すと言ったら露出度を高めることが分かりやすくて。でも、私はマネージャーが露出感に厳しく守られていました。今回は「明るく撮りたい」というのが前提にあったので、一番の露出をしても問題ないというか、嫌な気持ちになるどころか、むしろやりたいっていう気持ちになり、とても良いグラビアが撮れるんじゃないかと思いました。

――グラビア自体はもう百戦錬磨といったところですが、その中で今回特に意識された点は?

 いろんな表情が入っているのが好きなので、決めすぎないように、顔が固まってきたと思ったら動かすようにして表情が流れ出すような状況を作ることを意識しました。写真を撮っていると流れ作業みたいになるときがどうしてもあるんです。「笑って」「真顔になって」、そしてまた「笑って」とか。そうなってきたなと思った時は意識しました。例えば、タイトル「感情」のエッセイが載っているカット。これ、ケンケンパしてるんですよ。その後めちゃくちゃ笑っていて。ここまで笑ってる表情って嘘だとできないというか。そういう写真の方が私は圧倒的に好きなので、そういうことを意図的にして、いままでにない表情や動き、自然なものが撮れたらいいなと思いました。

――確かにこれ自然ですね。

 それが嘘か本当かというのは見ている人には伝わると思うんです。カメラを向けられたからこういう表情をしたんだなとか。そうではないところに惹きこまれる瞬間ってあると思っていて、そういう表情を増やしたいと思いました。

(C)KADOKAWA (C) officepocket PHOTO/TANAKA TOMOHISA

――グラビアは編集側の要望に応えますが、写真集は自分発信ですよね?

 グラビアを始めて11年目になるんですけど、この世界に入った瞬間にグラビア楽しいってドハマりしたんですよ。その時はカメラマンさんとその世界観を作り上げることが楽しくて。でもその時はあまり頭でハンドリングをしていないので、髪が乱れて顔にかかっていてもあんまり気にしない感じだったんですけど、撮影を重ねていくうちに、せっかくこの場で気持ちが乗っていたのに後で綺麗に見えないと嫌だなと思えてきて。そこから頭で考えるグラビアをするようになったんです。立ちを結構撮ったから今度は座ろうかなとか。胸も違う見せ方にしようかなとか。でもそうなると今度はハンドリングしすぎて表情が固まってきてしまって。でも今回は、どっちもバランスよく撮れたらいいなと。自然な表情も撮れて、なおかつバリエーションもあって。胸の見え方も自然なフォルムものもあれば、ちょっと潰されて形が変わっているものもあって。

(C)KADOKAWA (C) officepocket PHOTO/TANAKA TOMOHISA

グラビアはアート

 それと、おしりも…。

 (担当編集)見てください! すごいですよね。かなり深いです。

――深いですね。それと目の奥も鋭いですね。

 (担当編集)そうです。ふみ奈さんがむちゃくちゃクレバーな方だというのが分かると思います。

 え! 本当ですか? うれしい!

――それは感じます。オフィシャルコメントも知的さや感性が伝わってきます。

 え! うれしいです!

――もともと音楽をしていたというのもあるかもしれないですね。

 サックスとピアノをやっていました。芸術的な人が周りに多かったので、そういうところに惹かれるというのはあるかもしれないですね。

――最後に聞こうと思いましたが、鈴木さんにとってグラビアとは?

 一番は自分の人生がすごく豊かにしてくれたものです。グラビアはすごく自由なものだと思っていて、固まりすぎず自分なりのグラビアを突き詰めていきたいと思います。

――芸術という認識で私はいますが、ご自身は?

 それはもちろんあります。私の気持ちのなかで実は、グラビアは芸術的なものでありたいというのがあります。もちろんセクシーだなとか、綺麗だなとか見た人がどうイメージするかは自由だと思います。私としては魅力的に見えるものを作り上げたいという意欲があって、自分の心と体を活かして柔軟に表現したいです。

――そうした考えが今回の写真集で表現されているということですね。

 そうです。スタッフさんもすごい愛をもって作ってくださって。それこそ編集担当の方も色彩の感じとかもすごいこだわってくださいましたし、この帯の高さもコメントも何回も調整して下さったので。

 (編集担当)それと、グラビアの写真集でピンクは珍しいです。ふみ奈さんがピンクが好きなので採用しました。

 そうなんです。ピンク大好きなんですけど、グラビアだと色合い的にあまり使われないんですよね。それを今回こんなにふんだんに使っていただけて。しかも私の誕生月でもあったので自分にとってのプレゼントというか、サプライズ感みたいなものがあって嬉しかったです。

 (担当編集)そういうところも含めて新しい挑戦です。タイトルも「飛躍」を表していますから。今までのものとは違うものを作る。これはふみ奈さんに言っていないかもしれないけど、カメラマンとの話のなかで、芸術性の美しさか、セクシーさどっち寄せるかというときに、完全に芸術性に寄せましたから。

 ありがとうございます!

――改めて完成したものを見てどう思いましたか。

 自分の中では今までにない特別な写真集ができたなって思いました。今まではグラビアはこうあるべきだということにとらわれていて、2018年にミスワールドにエントリーしたときに変わりたいと思ったんです。それを実現できたような写真集だなって思いました。それは、女性が見ても綺麗だなと思っていただけて、なおかつ男性が見てもグッとくる写真集。女性の方のファンも増やしたいという思いがあるんです。様々な層に注目されれば、グラビアがもっとメジャーになりいろんな展開が生まれもっと発展すると思うんです。今回の写真集でその一歩を踏み出せたと思います。

鈴木ふみ奈

映画のような写真集、エッセイは舞台裏

――オフィシャルコメントでは「試行錯誤して作るグラビアが好き」とも書いてあって、一つ一つの表現は自然でありながら理由が必ずあるわけですよね。

 そうですね。このカットも実はこっそりとしたことなんですけど、なかにレオタードの水着を着ているんです。横から見たときに少し上げたら下を履いていないように見えるかなって思って、この角度の時に自分で上げてこうやってポーズして撮ったんです。

――自分の体を熟知してないと出来ないですね。

 そういう意味では、今までのグラビアの経験もちゃんと活かせている写真集だと思います。これもたぶんわかってなかったら、撮られるときにこういうふうに見えていないかもしれないです。頭で考えつつも、自然体を意識して。サウナで撮っている写真もあるんですけど、本当に暑かったので汗をいっぱいかいて。リアルさが出ています。

――これが集大成でありながらも先ほどおっしゃったチャレンジングなところもあって、新しい可能性の扉を開けた感覚もありますか。

 そうですね。やっぱり最初、マネージャーは爽やかに撮れるか不安があったそうなんです。でも今回担当して下さった編集者さんだったら絶対に嫌な感じになることはないだろうと確信してくれました。

――それと今回、エッセイも書かれています。気になるのが「ふみカーブ」。

 勝手に作った言葉なんです。私に対して胸とおしりが大きいという印象を持たれている方が多いと思うんですけど、その間をつなぐウエストも結構好きって言ってくれる方がいらっしゃっておしりをクッといれると、このカーブのラインが美しく見えるんです。そのカーブが好きと言ってくださる方も多いので「ふみカーブ」と名付けました!

鈴木ふみ奈

――そのエッセイは15編にわたっていますが、グラビア術のようなものが多いですね。

 そうですね。エッセイは好きな題材でいいよと言われていたので、自分が本当に書きたいことを書きました。それこそザ・グラビアのような、こうやったら魅力的になるようなことをエッセイにしたり、こうしたら人生楽しく過ごせるとかグラビアとは全く関係ない精神論みたいなものを書きました。

――リアルを追及するという話もありましたが、この写真集は一つの映画みたいなもので、エッセイはその舞台裏みたいな。

 確かにそうかもしれないですね。エッセイの中に「ふみ奈流バックショット術」というのがあって、胸を押したりするんです。そうすると後ろから見たときにメリハリのあるラインができるんです。例えば映画では音響さんがより良い音を録るためにいろいろとやっている、そういう作業をグラビアでもやっていますよというのが伝わったらいいですね。

――奥が深いです。最後に読者の皆様に一言。

 写真集のタイトル「Leap」は「飛躍する」という意味の言葉です。私自身が飛躍するという決意を込めてつけたタイトルなので、是非皆さん、この写真集とともにこれからの鈴木ふみ奈の活動も見ていただければと思います。

鈴木ふみ奈

(おわり)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事