INTERVIEW

白間美瑠

奥深く開放してもいい。
生まれ変わる第一歩、写真集『REBORN』


記者:木村武雄

写真:木村武雄

掲載:21年07月08日

読了時間:約8分

 NMB48を卒業する白間美瑠が、集大成と位置付ける写真集が『REBORN』(7日発売)だ。11年間のアイドル活動の総決算となる作品だが、白間自身の殻を破る新たな幕開けを飾るに相応しい内容になっている。「奥深く開放してもいいと思った」。彼女の本心と新たな一面を引き出したのは、綾瀬はるかや深田恭子などこれまでに多くの女優らを撮ってきたアンディ・チャオ氏。屋久島で行われた撮影の舞台裏を白間に聞く。【取材・撮影=木村武雄】

『REBORN』

アンディ・チャオに依頼した理由

――アンディ・チャオさんに依頼をした理由を教えて下さい。

 写真集を出すにあたって自分なりに決めている部分がありました。卒業に向けこれからを期待していただけるような、成長も見えるような写真集を作りたいと。それで、自分の強さを撮って頂けるカメラマンさんを探してグラビアなどを見ていたら、プレイボーイさんに載った馬場ふみかさんがすごいカッコよくて。強さ溢れるエネルギッシュさに一目惚れしました。それを撮ったカメラマンがアンディ・チャオさんだったんです。私のお家には写真集がいっぱいあるんですけど、その中の一冊に綾瀬はるかさんの写真集があって。この写真集のようにちょっと薄暗い感じの色っぽいものも撮りたいとも思っていてカメラマンを見たら、それもアンディ・チャオさんで! もうどストライクだったので是非撮って頂きたいと思い声を掛けさせて頂いたら、奇跡的に予定していたその日程だけ空いていたんです!

――まさに運命的な出会いですね。アンディさんは、その人が作る決め顔が外れた瞬間を撮りたいという事を過去に話されているのですが、今回はどうでしたか。

 これまでグラビアのお仕事をいっぱいさせて頂きましたが、撮っている時の空気感が新しいなって思いました。感じたことのない空気感で、戦っている印象もあって。長時間かけて撮って下さる方で、集中力もすごくて、物音一つ立てるのも嫌うような「足音、立てないで」ってスタッフさんに注意したり。だからすごく集中しました。2人の世界観で私が100%出そうと思ったら、アンディさんが120%を出して下さるので。

――カメラマンから120%感じるってどういうものですか。

 例えば、私が今、めっちゃこのポーズ決まってるって思ったことが、カメラマンさんも一緒で、通じ合うような感覚になるんです。もっと撮りたいという熱がすごく伝わってきて「よし、じゃあもっとやったろ」みたいな。そういう意味でも戦いみたいな感じでした。だからすごく向き合って下さる方だなって思いました。

――白間さんの強さが引き出したのかもしれないですね。他の方の撮影では、アンディさんが結構笑わせたり、表情を崩すために意表を突いて話しかけてくると聞いたので。

 もちろん笑う瞬間もありました。でも、この写真集は笑顔少なめで本当に集中してました。集中しすぎて自然に涙が流れてきたりとか。すごく静かな空間での撮影ということもあり、NMB48での出来事とかを思い出し自分と向き合いながら臨めたので涙が流れる瞬間もあって。

白間美瑠

初めての経験、緊張も

――白間さんのYouTubeチャンネルでも撮影の様子が紹介されています。冷たいプールに飛び込んだのは、あれはどういうシチュエーションだったのですか。

 あのプールのカットは使われてないんですよ(笑)。世界観に合っていなかったんでしょうね(笑)。

――屋内や海、木々が生い茂る大自然の中で撮られていますが、これはどこで撮ったんだろうと思うのが何カ所もあって。

 これ=写真=に関しては森ですね。屋久杉に行くまでの道です。

――YouTubeだと最後の方にたどり着いた、霧がかかっているところの手前ですか。

 そうです。このカットは今までにない神秘的な感じで、森の中で雨が降ってて、霧もかかって。この時はカメラマンさんがすごく遠くの方にいて、私だけが一人の世界にいました。「自由にしていいから」みたいな感じでカメラマンさんがどんどん遠ざかっていって、私一人、森の中で踊っていました。バレリーナや妖精になった気持ちでしたし、裸足だったのですごい気持ちよかったです。

――これは自然についた雫ですか。

 水も勝手に雨で濡れて、こういう艶感に仕上がりました。

=写真=『REBORN』

――1冊目の写真集『LOVE RUSH』を比べるものではないですが、また違うものになっていますね。

 全く違いますね。『LOVE RUSH』は、「夏休みオーストラリアを楽しんでやるぜ!」みたいな無邪気な感じなんですけど、今回は「集大成を見せたい。成長を見せたい」という気合いの入った撮影になっていたので表現力を意識しました、だから全く別物ですね。

――シチュエーションはどう決めたんですか。

 それはカメラマンさんと話し合いながら、意見も聞きながらです。会議で初めて挨拶をさせて頂いた時に、「なんで僕を選んでくれたの?」とか「どういう撮影をしていきたいの?」と質問して下さって。私の言葉や考えをすごく大切にして下さる方だと思いました。最初はすごく怖かったです。でも本当に写真に真剣に向き合っている方で、撮影の始まる瞬間もどんな感じで撮って下さるんだろうという緊張がすごくありました。

――これまでのグラビアではそういう緊張は?

 なかったです。自分の意見を伝えることがまず無いので。カメラマンさんが考えて下さって、雑誌の編集者さんの考えたものをやるという感じでしたので。だから今までで一番緊張しました。私の意見を大事にしてくださる方だったこともあり、私の向き合い方でアンディさんの熱量も変わってくると思いました。そこが緊張しました。だから全力で立ち向かおうと思って。

白間美瑠

もっと奥深いものを開放しよう

――出来上がった時に真っ先に思ったことは?

 どストライクと思いました。アンディさんと私の感情がしっかり重なったなって思います。撮影していてもノリノリでしたし、本当はここまで露出を高くするつもりなかったんですけど、「アンディさんの前だったらもっと開放しよう」ってスイッチをすごく押して下さって。

――きわどい写真もありますよね。

 そうです! 開放しました! なんかもういいやって(笑)。もっと開放した方がいい画を撮って下さると思って、どんどんやってやろうっていうスイッチがつきました。

――開放すればするほど素の自分になっていくという。

 そうです。そして、更に奥深く。

『REBORN』

――撮影を通して、今まで気づかなかった表情とか発見できましたか?

 艶感や濡れ感とか、しっとりしたのも自分には似合うんだってびっくりしました。普段だと元気な感じのグラビアや、ちょっとSっ気のある本当にザ・セクシーみたいなのはよくやっていたので、それが似合うと思っていたんですけど、こういうちょっと艶っぽいしっとりな感じも自分は表現できるんだって驚きました。

――この写真集のタイトルにもなっていますが、生まれ変わったり、新たな一面が見られたり、新章を開く第一歩に相応しいですね。

 それが出来たのも本当にアンディさんのおかげだなってめっちゃ思います。ここまで勢いに任せて、自分をさらけ出せたのは。アンディさんが本当に120%で向き合って下さったから。自分ももっと出していいんだって殻を破れたので、生まれ変わる第一歩にふさわしい写真集だなと本当に思います。

――気持ち的にも今回のような感じに仕上がってなかったら、変わっていましたか?

 変わっていたと思います。自分のこの奥深くを解放できてなかった気がします。この写真集をやって、胸の中がすごくスッキリした感じがあります。アイドルとしての白間美瑠は終わって、これからは本当の素の自分の魅力で戦っていくんだっていう覚悟、スイッチが入りました。

白間美瑠

白間美瑠の私らしさ

――そして、卒業シングル「シダレヤナギ」が発売されました。折れない気持ちを表現されていますが、この曲をどう受け止めていますか。

 「シダレヤナギ」の歌詞は、すごく切ない感じなんですけど、折れないって話された通り、切なさの中にもしっかり強さのある歌詞になっています。シダレヤナギの花言葉は「自由」で、私も卒業して、ここからは自由にどんどんいろんなことに挑戦して活動して行くのでそうした共通点があり、自分の卒業シングルにぴったりだなって思いました。

――歌詞の<想う気持ちが折れないように 足元 踏ん張っても 泣きたくなったら 泣けばいいんだ>というフレーズは白間さんを表現されているような。

 そこの歌詞、私もめっちゃ大好きです。かっこいいし、背中を押してもらえる力強い歌詞だなと思います。これから卒業する自分にも刺さるし、残る後輩のメンバーにもすごい刺さる歌詞だなって思います。

――卒業に向けては、後輩が心配しないほど成長したと話されています。前に行きやすい環境ということで、これから一人で歩んでいくなか、私らしさとはどういう所だと思いますか。

 常にがむしゃらで全力でいろんなことに挑戦して行くのが私らしさで、度胸があると思うので、あんまり怖いこととかないんです。勢いだけで生きてる感じ。やりたいと思ったらすぐ行動できるのが自分の良さだと思うので、直感で動いていきたいなと思います。何も考えず悩まず。そもそもあんまり悩んだりもしないので。

――うらやましいです。

 良い部分でもあるんですけど、ちょっと損している部分でもあります(笑)。でも思うままにこれからも行動していきたいです!

白間美瑠

(おわり)

プレゼント情報

Twitterフォロー&リツイートで以下の賞品をプレゼント!!

【プレゼント内容】
抽選で1名様にサイン入りポラロイド写真プレゼント。

【応募期間】
・7月8日〜7月17日23時59分まで。

【応募方法】
・@MusicVoiceEntをフォロー
・上記のツイートをリツイート

当選された方には、TwitterのDMでご連絡をさせていただきます。

【注意事項】
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は応募対象外となります。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は応募が無効となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・転売行為は固く禁止させていただきます。

この記事の写真
木村武雄

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事