武田玲奈「高校生を脱却できるか不安だった」初の教師役で新境地
INTERVIEW

武田玲奈「高校生を脱却できるか不安だった」初の教師役で新境地


記者:木村武雄

撮影:

掲載:19年12月15日

読了時間:約6分

乗り越えられた楽曲

――さて、この1年間で「この楽曲のおかげで乗り越えられた」あるいは「影響された楽曲」がありましたら教えてください。

 アリアナ・グランデの「Breathin」という曲と、テイラー・スウィフトの「ME!」が救われたなと思う曲です。

 「Breathin」は今年初めぐらいに聴き始めたんですが、タイトルは「呼吸をする」という意味で、悩んでいた時期にドラマで演じた役が自分と重なって落ち込んでしまって。この曲自体は、「どん底に落ちても呼吸だけは考えて、何も考えなくてもいいから。そうすることで落ち着くよ」ということを歌っていて。この曲に出会ってからは、本当につらいと思うときは呼吸だけを意識してみたりして。そうすることで気持ちが楽になれて。私にとって大事な曲です。

 それと、「ME!」という曲は、4、5カ月前から聴いていて、テイラー自身が「周りから『わがまま』と言われているけど、それも全部私の個性」と言っている歌で、私も「弱点も自分の個性だよ」と言えるような強さがほしいなって思って。そうした弱点もちゃんと受け入れられるようにと勇気づけられた曲です。

(おわり)

この記事の写真
武田玲奈
武田玲奈

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事