笑顔でいる秘密、若者に人気のラッパー・t-Ace 考えが変わった「別れ」
INTERVIEW

笑顔でいる秘密、若者に人気のラッパー・t-Ace 考えが変わった「別れ」


記者:木村武雄

撮影:

掲載:19年02月21日

読了時間:約7分

 茨城県水戸市を拠点に活動するラッパーのt-Aceが3月8日から全国ツアー「t-Ace First Live Tour 2019『エロ神伝説』」を開催する。再生数1000万回を超えた「超ヤバい」を筆頭に、これまで数々のヒット曲を手掛け、特に若い世代から人気を集める。年間140本のライブをこなす彼だが、人気が10代にも広がりを見せていることを背景に、ライブハウスツアーの開催を決めた。水戸市の観光大使にも任命されたこともあるt-Ace。彼の楽曲はハレンチな言葉が並ぶが、その言葉に隠れたメッセージ性が「共感できる」、「背中を押してもらえる」と好評だ。当の本人は「楽しい方がいい」というが、そこにはそう考えさせる出来事があった。それは何か。【取材・撮影=木村陽仁】

少年のような笑顔

 席に座ると笑みをこぼし「宜しくお願いします」。その笑顔は少年のようで、記者の緊張を一気に解いた。「いや~二日酔いで」と手を頭の後ろにやると「でも、今も呑みたいぐらいっすよ」と再び笑顔。「では…」と仕切り直し、質問する。

――どういうアルバムになりましたか?

 「歌詞に書いてある通りですね(笑)」

――何か伝えたいメッセージは?

 「普段、口にするのが恥ずかしいから曲で伝えているのであって、曲を聴いてもらえれば分かると思います(笑)」

――今後どういうような活動をしていきたいですか?

 「女の子とたくさん遊びたいですね(笑)」

――ネット社会になってから人を批判する人が増えてますよね。何か思うことは?

 「バカだなって思いますね。批判したって何もならないし。楽しんだもん勝ちでしょ」

 何を質問してものらりくらり。ことあるごとに「とにかく楽しみたい」という言葉が出てくる。しかし、ヒップホップの話になれば真剣な眼差しで語り始める。困り果てる記者に、再び笑みを見せる彼はこう言った。

 「堅苦しいことを言ってもしょうがないと思うんですよ。既成概念にとらわれないで、ハッピーに楽しんだ方が幸せになるに決まっている」

 楽しんだ方がいい――。その言葉には、秘められた想いがある。

照れ隠し

 茨城県水戸市を拠点に活動する。ナイトパーティを開けば連日満員。20代女性が中心だった支持層は10代までに広がっている。きっかけはTikTokだ。「超ヤバい」など中毒性のあるメロディやリリックが好評を呼び多く使用された。彼の楽曲を知った人が更に多くの楽曲を聴き、魅力にハマっていく。

 そんな彼の別名は「エロ神クズお」。

 彼のリリックはハレンチな言葉が並ぶ。しかし、読み進めていくと心にグッとくるメッセージが込められている。そこに、照れ隠しのようにそうした言葉で埋め、本心を隠す。

 例えば『エロ神伝説』収録の「どうでもいいわ」の歌詞にこんな一節がある。

<別にいいじゃん?何言われたって>
<それで死ぬわけでもねーじゃん?>
<どうでもいいわ>

 周囲の目は気にせずに前を向いて進め、という趣旨のメッセージだ。

 ただ、歌詞の意図を本人に聞けば「歌詞の通りですね」と煙に巻く。解釈は自由だ。

「笑顔」の秘密

 t-Aceが物心付く頃には母親はいなかった。その後は祖母に預けられ、水戸などで幼少期を過ごした。2012年発売の3rdアルバム『またね...』の収録曲に「またね」がある。母への想いを歌った曲だ。本人は「母は最初からいなかったから分からないですね。寂しいも寂しくないもない」と言うが、歌詞ではこう綴られている。

<時間がもしも元に戻せるなら 手を繋いでたあの頃に戻ろう?>
<近所の浜辺で2人で遊んだあの時のままならよかった>
<愛されなかった分たまってた涙が 今大人になって溢れ出した>
<最後くらい面と向かって言わせてよ Thnk you my mother..>

 沖縄出身、茨城育ち。千葉に住んだことがあり、家は転々とした。やがて生活は荒れ、非行へと走る。少年鑑別所にも入った。出所後に待っていたのは厳しい現実だった。

 「学もないしね、働ける場所は限られていて、お金もなくて、そこで初めて現実の厳しさを知りましたね。このままではいけないと」

 音楽は以前から触れていた。DJもおこなったこともある。やがてヒップホップに惹かれ、21歳の時にラッパーに転身した。その矢先、恋人だった女性が亡くなった。

 「大切な人が亡くなって、やりきれなくて…。彼女は自分を責めて亡くなって。ショックで、一体何なんだろうって。それで考えを変えようと思って。悔やむぐらいなら笑った方がいいじゃないかって」

 その思いをしたためた楽曲が「ありがとな feat. pukkey」だ。2014年発売の4thアルバム『ふざけたヒーロー』に収録されている。

<全てに カギかけて all down>
<そんな日もあった でも今も歌う>
<生きてりゃそりゃ 何かつまずく>
<その時が大事 何かに気づく>
<金や名声じゃない 大事な だってそれは 目には見えないから>
<でもお前が 先に気づいてて くれたかもな>

<今じゃ聞く事すら 出来ないけどさ>
<今日がウソでも 笑わせるから..>
<側に居たくても 触れたくても>
<この手を伸ばしても 届かないけれど>
<あなたに 出逢うために 産まれてきた そう信じてるから>
<生まれ変わっても また逢えるよ>

 「ジメジメしたくないんっすよ」

 これを機に考えた方を変えた。悲しみや怒りよりも「喜び」や「楽しさ」へ。意識が変わったことで、周囲も劇的に変わっていった。

 「完全に好転しましたね。自分が笑っていれば、周りも笑うし、もっと明るくなる」

右半身だけタトゥーを入れない理由

 そんな彼は右半身だけタトゥーを入れていない。

 「母親の言葉ですよ。入れないでくれと言って、言い逃げされたから、入れられない」

 タトゥーを入れない理由は、その「超ヤバい」という楽曲にしたためている。

 t-Aceが創る楽曲はエロなど欲望が渦巻く、いわばカオスだ。しかし、その中にある核となるメッセージがファンを惹きつけている。最新アルバムの収録曲を並べただけでもそのユニークさが表れているが、エロに浸りながらその真意に触れるのも一つだろう。

01.マジ遠い prod.CHIVA
02.ロキソニン prod.CHIVA
03.タイトドレス prod.CHIVA
04.エロ神伝説 prod.エロ神クズお
05.ダレブラ? prod.PENTAXX.B.F
06.Keppeki prod.CHIVA
07.少しオコ prod.CHIVA
08.どうでもいいわ prod.RYUUKI BEATZ
09.鎖骨にキスマーク prod.CHIVA
10.昨日より明日 prod.CHIVA
11.メンタルヤンキー prod.RYUUKI BEATZ

 そんな彼は新しい試みをおこなおうとしている。

 これまで夜だけおこなっていたツアーを昼間に開催するというものだ。「t-Ace First Live Tour 2019『エロ神伝説』」と題して3月から全国を回る。

――ライブの意気込みは?

 「ないっすね。あ、強いて言えば、楽しいみたい」

 変わらずだ。それなら、歌詞から“本音”を読み解くとしよう。

t-Ace

(おわり)

ライブ情報

t-Ace First Live Tour 2019『エロ神伝説』

2019.3.8 fri
函館 CLUB COCOA
open 17:30 start start 18:30
2019.3.9 sat
札幌 BESSIE HALL
open 17:00 start 18:00
2019.3.10 sun
宮城 MACANA
open 17:00 start 18:00
2019.3.12 tue
東京 WWW
open 17:30 start 18:30
2019.3.15 fri
愛知 名古屋QUATTRO
open 17:30 start 18:30
2019.3.16 sat
⾹川 GET HALL
open 17:00 start 18:00
2019.3.17 sun
広島 CAVE-BE
open 17:00 start 18:00
2019.3.21 thu
大阪 心斎橋SUN HALL
open 17:00 start 18:00
2019.3.23 sat
福岡 PEACE
open 17:00 start 18:00
2019.3.24 sun
熊本 B.9-V2
open 17:00 start 18:00

2019.3.27 wed
横浜 7th avenue
open 17:30 start 18:30
2019.4.6 sat
新潟 柳都show!case!
open 17:00 start 18:00
2019.4.7 sun
栃木 Heaven's rock VJ-2
open 17:00 start 18:00
2019.4.13 sat
石川 GOLD CREEK
open 17:00 start 18:00
2019.4.14 sun
京都 MOJO
open 17:00 start 18:00
2019.4.20 sat
沖縄 7th Heaven KOZA
open 17:00 start 18:00
2019.4.21 sun
沖縄 桜坂セントラル
open 17:00 start 18:00
2019.4.30 tue
大阪 梅田CLUB QUATTRO
open 17:00 start 18:00
2019.5.4 sat
東京 マイナビ赤坂BLITZ
open 17:00 start 18:00

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事