大西桃香

 今泉佑唯、高橋龍輝、細貝圭、大西桃香(AKB48)、安田愛里(ラストアイドル)が19日、都内で舞台『修羅雪姫』の舞台挨拶に臨んだ。

 1972年に週刊プレイボーイで連載を開始し、その後、梶芽衣子主演で映画化され、続編も大ヒット。クエンティン・タランティーノ監督に影響を与え、後に『キル・ビル』が制作された逸話のある作品だ。

 三日月お寅/あや役を演じる大西桃香は「現代に通じるところもあります」とし、「たくさんの方に見に来て頂きたいです」と呼び掛けた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)