パルコ・プロデュース2021『ザ・ドクター』

 栗山民也が演出、大竹しのぶが主演で、海外新作舞台『ザ・ドクター』が今年11月に、PARCO劇場で上演される。埼玉・東京を皮切りに、12月には兵庫、豊橋、松本、北九州と巡演する。そのビジュアルがこのほど、解禁となった。

 本作品は、2019年ロンドンのアルメイダ劇場のアソシエイトディレクターであるロバート・アイクが、1912年に発表されたシュニッツラーの「Professor Bernhardi(ベルンハルディ教授)」を翻案し、自ら台本を手がけて演出。同劇場で開幕するやいなや、連日ソールドアウト、ザ・ガーディアンをはじめ各紙で最高の評価を得た。翌年2020年には英国で最も権威あるローレンス・オリヴィエ賞「Best New Play(作品賞)」「Best Actress(女優賞)」のノミネートを始め、イギリス演劇賞各賞に輝いた今最も注目の話題作だ。

 医療研究所の所長でありエリート医師のルース。ある少女の死をきっかけに、宗教・ジェンダー・階級差など、あらゆる社会問題がルースの頭上に降りかかり、医師としての自分を見つめ直していくという物語。

 そして日本初演となる今回、PARCO劇場オープニング・シリーズ『ゲルニカ』を第28回読売演劇大賞優秀作品賞に導いた栗山民也を演出に迎え、主人公ルース役には『ピアフ』で第49回菊田一夫演劇賞『フェードル』で第52回紀伊国屋演劇賞を受賞し、名実ともに日本を代表する女優大竹しのぶ。

 デビュー以来休むことなく舞台に立ち続け、栗山が絶大な信頼を置く大竹が今回演じるのはエリート医師。とある医療機関で繰り広げられるパワーゲーム。大竹にとっては久しぶりの社会派現代劇で、自らの医師としてのアイデンティティと向き合うこの難役を、いかに演じるのか期待が高まる。

 共演には橋本さとし、村川絵梨、橋本淳、宮崎秋人、那須凜、天野はな、久保酎吉、明星真由美、床嶋佳子、益岡徹ら実力・人気を兼ね備えた俳優達が結集、現代の苦悩と縮図が魅力的に描かれた最高傑作を届ける。

パルコ・プロデュース2021『ザ・ドクター』

 そして、この度少女の死をきっかけに「医師」と「ひとりの人間」との間で揺らいでいく主人公ルースのアイデンティティや、ルースを取り巻く10人の登場人物それぞれの思惑を感じさせるビジュアルが完成した。

 11人全員が、どこかしら不穏な表情を浮かべるビジュアルは、本作品のテーマともなるあらゆる社会問題を映し出す。

 白衣を身に着け、エリート医師・ルース役として撮影に臨んだ大竹は、「命というものが人間にとって大きなテーマであると思います。医師はそこに携わる人。これまでいろいろな人が、いろいろな作品で医師役をやってきていると思いますが、奇をてらわずしっかりと演じたい。『人間である前に、医師だと思っています』というルースの台詞はあるけれども、やっぱり、ひとりの人間を、演じたいな思っています」と語っている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)