対峙する将軍・渡辺謙とインカ王・宮沢氷魚/『ピサロ』稽古場

 昨年コロナ禍でわずか10回のみの上演となった舞台『ピサロ』が5月15日から6月6日までPARCO劇場で上演される。このほど稽古場レポートが到着した。

 昨年3月、PARCO劇場オープニング・シリーズ第一弾公演として華々しく開幕する予定だった渡辺謙主演『ピサロ』は、コロナ禍により、初日を延期、45回予定のところ、わずか10回の上演となった。今回は多くのリクエストに応えてのアンコール公演となる。

 『ピサロ(原題:ザ・ロイヤル・ハント・オブ・ザ・サン)』は、16世紀、167人の寄せ集めの兵を率いて、2万400万人のインカ帝国を征服した、成り上がりのスペインの将軍ピサロの物語。ニューヨーク劇作批評家賞など数多くの賞を受賞した英国を代表する劇作家ピーター・シェーファーによる傑作戯曲。

 日本初演は36年前の1985年PARCO劇場。山崎努がピサロ、渡辺謙がインカ帝国の王・アタウアルパを演じ、観客に鮮烈な印象を残した。

 昨年、渡辺謙は、自身に「俳優を一生の仕事とする」覚悟を決めさせる一本となった本戯曲に、タイトルロールとして帰還。しかも年齢が60歳、新生PARCO劇場のオープニング・シリーズ第一弾ということで、渡辺謙にとってもPARCO劇場にとっても「Reborn」ともいうべき節目の上演になった。渡辺謙のピサロは、スケールと情熱を湛え、人間存在の深みを共感させる素晴らしいものだった。

 演出は、英国ロイヤル・バレエで長く活躍し、『ウィンド・イン・ザ・ウィローズ』で2014年ローレンス・オリヴィエ賞ベスト・エンタテイメント賞を受賞したウィル・タケット。その演出は、ダイナミックでかつ美しく、異文化の衝突の奥にある人間の内面の葛藤や孤独、存在の深淵までを鮮やかに描き出した。

 そして、ピサロに対峙する太陽の子・インカ王アタウアルパ役を演じたのは宮沢氷魚だ。2018年、三島由紀夫最後の長編小説を舞台化した『豊饒の海』でも、進境著しい演技をみせた宮沢氷魚が挑んだアタウアルパは、渡辺謙に伍して譲らないと評され、その気品と風格が舞台に輝きをもたらした。

 1年後の本年5月、渡辺謙、宮沢氷魚に加え、栗原英雄、大鶴佐助、長谷川初範、外山誠二ら実力ある俳優陣が再び結集する。

 公演に向けて、新型コロナウイルス感染予防対策を講じ、一丸となって全力投球している稽古場の様子を以下の通りに届ける。

稽古場レポート

再び動き出した圧巻の歴史劇、リベンジ公演へ

 昨年、45回の予定だった公演がわずか10回で止まってしまった時、すぐさま「再演を、リベンジ公演をやろう」と声を上げたのは渡辺謙だった。その願いが実現して4月、大階段のセットが組まれた稽古場に、総勢29名のキャストが結集。スペイン将軍ピサロに扮する渡辺とインカ王アタウアルパ役の宮沢氷魚、そして栗原英雄、大鶴佐助、首藤康之、外山誠二、長谷川初範ら、初演をともに立ち上げた懐かしい顔が揃い、一部新メンバーを迎えての再始動である。演出席には、この状況下で幸いにも来日を果たせた演出のウィル・タケット、演出助手兼振付のシドニー・アファンデル=フィリップスの姿もあった。稽古場の隅々で黙々とウォーミングアップや台詞を反芻する俳優たちの様子からも、再演にかけるチーム全体の並々ならぬ熱意が伝わって来る。

『ピサロ』稽古の様子

 少数の兵を率いて、大国インカ帝国を征服した老将軍ピサロの物語。この日の稽古は、戦いによる大殺戮が繰り広げられた一幕ラスト、その鮮烈な余韻を残しての二幕頭からスタートした。回想する老マルティン(外山)が見つめるなか、おぞましい光景を見たことに打ちひしがれ、嘔吐する小姓マルティン(大鶴)。副隊長デ・ソト(栗原)がそんな彼を励ますところに、ピサロの一喝が刺さる。渡辺の険しい眼光、雷鳴のような一声に稽古場中の息が止まった瞬間、長身のタケットが立ち上がって芝居を止め、一気に緊張が解かれた。穏やかに、丁寧に指示するタケットを、大鶴はしっかり見つめて何度もうなずく。囚われの身となったアタウアルパとして大階段の上に座っていた宮沢が、二人の近くまで降りて来て、そのやりとりを集中して聞いていたのが印象的だった。

 続いては、ピサロが初めてアタウアルパと対話するシーンへ。黄金を与える代わりに自由の身を要求するアタウアルパと、デ・ソトの反対を押し切ってその取引に応じるピサロ。黄金よりも太陽の子アタウアルパに惹かれ始めているピサロの心の動きを、渡辺が鋭利な視線を放って豪気に、かつ俊敏に、多彩な表現で魅せていく。驚くのは宮沢が醸し出す、肝の据わった安定感だ。初演の舞台で見せた神々しいほどの立ち姿、透明感ある毅然とした美に、さらに太い芯が備わったようだ。名優・渡辺謙と対峙するに引けを取らない強靭さが頼もしく、ピサロとアタウアルパ、両者の関係から浮かび上がる人間愛のより深い哀切を期待せずにはいられない。

 英国ロイヤルバレエ団で長く活躍したタケットが指揮する、群舞の力強くも洗練された動きにも注目だ。物語の流れに溶け込むようにして、首藤ほかキャスト陣が卓越した身体性を発揮し、場のイメージを増幅させていく。この意気あふれる稽古場の風景に、美術、衣裳、音響、照明等の効果が加わり、圧巻の歴史ドラマが再び立ち上がろうとしている。劇場でこそ味わえる演劇の力、この衝撃を、今度こそ多くの人に受け止めてもらいたい。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)