ミュージカル『リトルプリンス』

 ミュージカル『リトルプリンス』が来年1月に日比谷・シアタークリエで上演されることが決まった。アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの『星の王子さま』が原作。小林香氏演出のもとで舞台化される。坂本真綾と土居裕子がWキャストで王子を、飛行士/キツネを井上芳雄、花を花總まりが演じる。

 サン=テグジュペリの『星の王子様』を原作に、1993年に誕生した音楽座ミュージカル『リトルプリンス』。文化庁芸術祭賞、読売演劇大賞優秀女優賞・優秀スタッフ賞など数々の賞を受けた名作が、2022年1月にシアタークリエで上演されることが決定した。

 小さな惑星を飛び出し様々な星を旅して地球にやってきた「王子」は声優・歌手・女優と多方面で活躍する坂本真綾、音楽座初演でも王子役を演じたオリジナルキャストの土居裕子がWキャストで演じる。

 そして、砂漠に不時着して王子と出会う「飛行士」と、王子と仲良くなる「キツネ」の二役をミュージカル界のトップランナーである井上芳雄が、王子の星に咲くプライドの高い「花」を気品と美しさを兼ね備えた花總まりが演じる。

あらすじ

 サハラ砂漠に不時着した飛行士は、宇宙に浮かぶとある小惑星からきた王子と出会う。王子が暮らしていた小惑星はとても小さく、火山が3つとバオバブの木、1輪のバラの花が咲いているだけ。ある日バラの花と喧嘩をした王子は、惑星を飛び出して旅に出た。その旅の中では、ヘビ、キツネをはじめとしていろいろな出会いを経験して、地球にやってきたのだという。飛行機の修理を続けながら王子の旅の話を聞いているうちに、持っていた飲み水が尽きて途方に暮れる飛行士に、王子は「井戸を探そう」と提案する。井戸なんて見つかるはずもないと思いながらも、飛行士は王子と共に探索を始め―。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)