(後列左から)横山、小田、坂口、行天。(前列左から)岡部、小栗、倉野尾、坂川(撮影・冨田味我)

 AKB48の小栗有以、岡部麟、倉野尾成美、小田えりな、坂口渚沙、横山結衣、行天優莉奈、坂川陽香が26日、東京・天王洲 銀河劇場で、チーム8単独舞台『マジムリ学園 蕾-RAI-』の取材会に臨んだ。

 2018年7月に日本テレビ系ドラマで放送され、同年10月に舞台化された人気作で、舞台『マジムリ学園』から2年後の世界を描く。

 AKB48・チーム8単独舞台の第4弾。芝居とライブステージの2部構成で、7周年記念公演として毎公演日替わりゲストやリモート出演でAKB48メンバーが参加。更にこの春卒業するメンバーの卒業セレモニーやバースデーイベントが行われる。

 劇中では、少女たちの心の葛藤を繊細に描くシーンや打って変わって大迫力の殺陣にも挑戦する。リリィーを演じる小栗は「アクションが楽しくて回し蹴りにハマってたので、やる機会があって嬉しいです。華麗な回し蹴りを見て欲しい」と意気込み。

 一方のヒナを演じる岡部は「私が考えた悪役を見て欲しい」、スミレ役の倉野尾も「前回から2年経ったので成長を見て欲しい」と自信をのぞかせた。

 カリン役の坂川は「フレッシュな感じを出したい」、タウゼント役の小田は「メンバーの皆からカッコいいと言われるので注目して欲しい」、サクラ役の坂口は「成長敷く姿と、見どころの決め台詞のシーンを見て欲しい」。

(撮影・冨田味我)

(撮影・冨田味我)

 般若役の横山は「愛されるチームになれるよう頑張りました。注目して欲しい」、初参加のハレンチ先生役・行天は「クラスメイトを助けるシーンなどへなちょこの先生からすごい先生になる姿を見て欲しい」と紹介した。

 また、小栗はコロナ禍で直接会う機会が減少したなかで迎える舞台に出演者、スタッフ共に全力で稽古や準備を進めてきたとの思いを明かし、「涙が出るシーンがたくさんあるので、ハンカチ忘れずに持ってきてほしい」と呼びかけ「私たちも皆さんを泣かせるぐらいの演技を見せたい」と気持ちを新たにした。

 舞台は3月27日から4月4日まで、同所で13公演が行われる。

(後列左から)横山、小田、坂口、行天。(前列左から)岡部、小栗、倉野尾、坂川(撮影・冨田味我)

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)