西島秀俊の“ギャグパート”入り切望を聞き嬉しそうな香川照之(撮影・木村武雄)

 松本潤、香川照之、杉咲花、西島秀俊、道枝駿佑、蒔田彩珠が15日、都内で行われた映画『99.9‐刑事専門弁護士‐ THE MOVIE』大ヒット御礼舞台挨拶に登壇した。

 TBSテレビで2016年、18年に放送され反響を呼んだドラマの劇場版。個性豊かな弁護士たちが、99.9%逆転不可能な刑事事件に挑んでいく。劇場版では15年前に起きた事件の真実に迫る。

 この日は、本作の魅力を「一言」で表現することになった。主人公の弁護士・深山大翔を演じた松本は「スタッフ一同が夢を乗せる映画」と回答。

 一方の、深山が所属する法律事務所所長・佐田篤弘を演じた香川は「台本が跡形もない映画です」。

 過去の舞台挨拶でも、本作でシリーズ初参加となった西島が「台本がないようなもの」と明かし笑いを誘っていたが、香川は「跡形ぐらいはあるのかな。撮影が始まったらずっとふざけている。私たちがいじっちゃうんですよ。そういうのが好きなんです」としつつも「でもそれは『99.9』だけですよ」と付け加えた。

香川照之(撮影・木村武雄)

 また、同事務所に所属する新米弁護士・河野穂乃果を演じた杉咲は「隅々まで細かい映画」とし「撮影の合間も輪になって『次のシーンどうしようか』と本読みする場があって。そんな現場は初めてで面白くなっていく過程を体感できたのが良かった。『映っているのかな?』と思うぐらいの美術も」とこだわりが細部に行き渡っているところを挙げた。

杉咲花(撮影・木村武雄)

 本作では「親父ギャグ」も見どころだが、深山たちが挑む事件に深く関わる謎の弁護士・南雲恭平を演じた西島は「次回もし出られるならギャグパートに参加したい」と意欲を示すと、香川は「こっちに入ってくる?」とニヤニヤ。西島は「面白いと思うんですよね、南雲が入ったら」と期待した。

西島秀俊(撮影・木村武雄)

 その南雲の娘で天才ピアニスト・エリを演じた蒔田。「お父さん(恭平)とのシーンは自分も観て泣きました。私のお母さんも泣いて。舞台上でピアノを弾き終わって最後にお父さんと目を合わせるシーンで『観てくれているな』って思いました」と振り返った。

蒔田彩珠(撮影・木村武雄)

 また事件が起きた村で深山たちが出会う青年・重盛守を演じた道枝は、香川から「感動を担った」と託されたと明かされ「いやいや」と控え目に照れつつも「微力ながらグッとくるものが僕のお芝居で伝わっていたら」と語った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)