奥平大兼

 奥平大兼が、山田杏奈と『WOWOWオリジナルドラマ 早朝始発の殺風景』でW主演を務めることが決まった。

 青崎有吾氏の小説『早朝始発の殺風景』(集英社)の連続ドラマ化。日常の風景が一瞬にして変化し、展開される高校生たちの“5つ”の密室会話劇を描く。

 加藤木役を演じる奥平大兼は『MOTHER マザー』で第44回日本アカデミー賞新人賞をはじめ多くの賞を受賞し、今後さらなる活躍が期待される若手俳優。奥平は本作にてWOWOWドラマ初主演にして連続ドラマの初主演を果たす。

 「とても嬉しかったのと同時に今までよりも強く責任感を感じました」と語る奥平は、山田とほぼ全編が2人芝居という演技力が試される役どころに挑戦する。

 「今回、全体的に長くて独特な台詞回しがとても印象に残っています。そこにキャラクターの個性が加わっていて、色々な場面で見応えがある作品だと思います。ぜひ楽しんで見て貰えたらと思います!」と自信を見せる。

 第1話で偶然出会い、早朝始発に乗車した理由の探り合いから、最終話まで繋がっていく2人の若手実力派俳優による演技合戦は必見だ。

加藤木役・奥平大兼:コメント

 初めて連続ドラマの主演を務めさせて頂けるとわかったとき、とても嬉しかったのと同時に今までよりも強く責任感を感じました。

 初めて台本を読んだ時に、特殊なシーンが目に止まりました。

 台本を読みながら「このシーンはどうなるんだろう」などと一人で考えて楽しんでいました。

 そして僕が演じる加藤木は至って普通っぽい子ですが、山田杏奈さん演じる殺風景は特殊な役柄なので実際にお芝居をするまで空気感やテンションなども予想がつかなったので色々な不安はありました。

 でも現場に入って時間が経つにつれ、特殊な殺風景を相手にするのが楽しくなっていきました。

 今回、全体的に長くて独特な台詞回しがとても印象に残っています。

 そこにキャラクターの個性が加わっていて、色々な場面で見応えがある作品だと思います。

 ぜひ楽しんで見て貰えたらと思います!

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)