梶隆臣を演じる佐野勇斗(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会 (C)エイベックス通信放送

 佐野勇斗が、dTVドラマ『嘘喰い -鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇-』(11日配信、全4話)で白石麻衣とW主演する。映画『嘘喰い』に登場するキャラクターによるもう一つの“騙し合いゲーム”を描く。

 迫稔雄作のシリーズ累計880万部突破の人気漫画『嘘喰い』を実写化。会員制の闇倶楽部「賭郎」を舞台に横浜流星演じる天才ギャンブラー・斑目貘が史上最恐のデス・ゲームを繰り広げる映画『嘘喰い』(2月11日公開)。

 その映画にも登場する人気キャラクターに焦点を当てたオリジナルドラマとなる。貘と出会い借金まみれの人生が一変、裏社会でのし上がっていく青年・梶隆臣とサディスティックな最狂女組長・鞍馬蘭子(白石麻衣)の2人が、親友、クズ親、抗えない過去といった、それぞれ背負うもののために、究極の騙し合いゲームに挑む様を描く。

 映画同様、梶隆臣を演じるのは俳優・佐野勇斗。映画では貘の相棒として行動を共にする梶が、ギャンブラーとして成長していくきっかけのゲーム「セブンポーカー」に挑む姿を描く。

 映画で監督を務めた中田秀夫がドラマ版の監修を務め、「梶隆臣篇」は原作の人気エピソードを基に、蘭子が主人公となる「鞍馬蘭子篇」は完全オリジナル脚本でドラマ化。映画から見てもドラマから見ても楽しめるストーリーとなっている。

 解禁された予告映像で「俺の命を賭けます」と言い放つ梶。戦いの背景にあるドラマも見え隠れする。佐野は「貘さんに頼らず、1人でケジメをつけるかっこいい梶隆臣」が見どころであると自信を見せる。

(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会 (C)エイベックス通信放送

佐野勇斗(梶隆臣篇・主演/梶隆臣役)コメント

――本作の脚本を読んだ時の感想は?

 映画では描かれていなかった梶のバックボーン、生い立ちが描かれていたので、映画本編とは少し色の違う作品になるかな。という印象でした。

――本作での梶隆臣役についてはどのようにとらえて、どう演じたいと思いましたか?(映画で演じられた時との違いなどございましたら教えてください)

 梶の母親との関係性が描かれる部分と、梶が初めて1人でギャンブルをするシーンもあったので、映画で演じる梶隆臣よりはかっこよく演じようと撮影に臨ませていただきました。

 ギャンブルのシーンは、斑目貘を演じられていた横浜流星君の目つきなどを意識して演じました。

――本作の見どころや、ここに注目してほしいという点について教えてください。

 やはりこのドラマで注目して頂きたいのは、貘さんに頼らず、1人でケジメをつけるかっこいい梶隆臣です!ヘアスタイルなど細かいところも相談しながら作らせていただいたのでそこも注目していただけると嬉しいです!

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)