北村匠海

 北村匠海、黒島結菜、井上祐貴、カツセマサヒコ、松本花奈監督が8日、都内で行われた映画『明け方の若者たち』公開記念舞台挨拶に臨んだ。

 ウェブライター・カツセマサヒコ氏の同名青春恋愛小説が原作。主人公の「僕」役を務めるのは北村匠海。「僕」の同期で親友の尚人役を井上祐貴が演じる。明大前の飲み会で「僕」が一目ぼれする「彼女」を黒島結菜が演じる。

 北村はシャワーヘッドを叩くシーンで、撮影前の段取りの段階で気持ちが入り、思いっきり叩きつけたところ、爪が半分割れ、血だらけになったという。透明なバンソウコウを張り付けてしのいだが、北村は「途中から僕の爪、半分ないです」と語った。

 また、この日は今年の抱負を語った。昨年は個人としては映画など話題作への出演が続き、DISH//としても紅白歌合戦に初出場するなど実りのある1年だった。今年は「身の詰まった、カニみそのような1年したい」と意気込んだ。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)