ステップを踏む香川照之に合わせポーズを決める松本潤。その様子を笑顔で見守る杉咲花

 松本潤、香川照之、杉咲花が30日、都内で行われた映画『99.9‐刑事専門弁護士‐ THE MOVIE』(木村ひさし監督)公開初日舞台挨拶に臨んだ。

 TBSテレビで2016年、18年に放送され反響を呼んだドラマの劇場版。個性豊かな弁護士たちが、99.9%逆転不可能な刑事事件に挑んでいく。劇場版では15年前に起きた事件の真実に迫る。

 ドラマシリーズから続投の松本潤、香川照之に加え、シリーズ初参加の杉咲花。松本は主人公の弁護士・深山大翔を、香川は深山が所属する法律事務所所長・佐田篤弘を、杉咲は同事務所に所属する新米弁護士・河野穂乃果を演じる。

 この日の前日、同映画の主題歌が、『SEASONII』の主題歌として書き下ろされた、嵐の楽曲「Find The Answer」に決まったことが発表され、SNSではトレンド入りするなど話題になった。

 「嵐のファンの皆さんが盛り上がってくれて嬉しかったですね」という松本は、『SEASONI』の主題歌「Daylight」(嵐)と「Find The Answer」は『99.9‐刑事専門弁護士』のイメージに繋がっているとし、「別の曲というのは想像がつかなかった。このタイミングで、嵐の曲が時間を経て違った聴こえ方がすると思う」。

 更に「僕個人の感想ですが」と前置きした上で「浄化されるというか、映画のストーリーもあると思うけど、あの曲が流れることで懐かしい感じもあるし、ストーリーのなかに新たな溶け込み方をしていて、曲の新たな魅力を引き出してくれているし、作品のエッセンスになっていると思う」と明かした。

 それを言い終えてから少し間を置き、埋め尽くされた客席に向かって「良いっすよね? あのタイミング」と投げかけた松本。多くの拍手を浴び緩ませる表情。香川から「良い話だったね、すごく良いな話。たぶん大野(智)さん、泣いてるんじゃないの?」と投げかけられ、「そうね。観てくれているかな」と遠く見てほほ笑んだ。

 舞台挨拶も終わり、場内に流れ出す曲に合わせて香川はステップを踏んだ。その姿を見て「何がしたいの?」と言いつつもにやける松本は少しだけポーズを決めた。場内に響く拍手のなかステージを後にする面々。はけるギリギリまでステップを踏む香川、それを観ながら笑顔で降壇した松本だった。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)