(C)木丸みさき・KADOKAWA/ytv

 広瀬アリス主演で、木丸みさき氏のコミックエッセイ『失恋めし』(KADOKAWA刊)がドラマ化される。読売テレビ制作。Amazon プライム・ビデオで2022年1月14日から全10話一挙独占配信をスタート。同年7月には読売テレビで地上波放送を予定している。

 主人公のキミマルミキを演じるのは広瀬アリス。地元紙に“失恋めし”というマンガ連載を持ち、日々連載のネタとなる失恋エピソードを探しているイラストレーターという役どころだ。

 レギュラーキャストは、ミキがほんのり恋心を抱く近所の花屋の青年を、若手実力派俳優の井之脇海、ミキが連載する地元紙の出版社・STO企画(佐藤さんという苗字の社員ばかりが集う)の面々には、村杉蝉之介、臼田あさ美、安藤ニコが個性豊かでチャーミングなキャラクターとなって集結、近所のお弁当屋の佐藤さんを若林拓也が演じ、本作のおいしいスパイスとなっている。

 監督には、『勝手にふるえてろ』(17)『私をくいとめて』(20)などの話題の映画を手掛ける大九明子監督がメガホンを取る。

 公開された本編予告映像と場面写真では、各話ごとに失恋で心を傷めた失恋人たちの思い出話と、それにまつわる忘れられない“めし”の品々が、明らかになる。

 その“失恋めし”の品々は、サバの味噌煮、焼き鳥、ネギ焼、カニクリームコロッケなど、誰しもに身近な“愛されめし”ばかりが登場する。

 広瀬演じるミキや、失恋人たちが美味しそうに、そして幸せそうに頬張る姿が印象的な予告編に注目だ。

◆第1話:さば味噌の出会い
失恋人 サバ子/門脇麦
ネタになる失恋がどこかに転がっていないかと悩むミキ。
彼女は縁結びの神社で、思い詰めた表情の女性(門脇麦)を見かける。ミキが彼女の後をついて行くと、定食屋に入り、さばの味噌煮定食を注文。ミキは、心の中で彼女を“サバ子”と名付けて観察する。サバの味噌煮を前に複雑な表情を見せるサバ子。ミキが話しかけると、サバ子は元カレ・ユウ君とサバの味噌煮の思い出を語り始める。

◆第2話:恋も焼き鳥も一歩ずつ
失恋人 部下/前野朋哉
失恋を探し求めて街を歩いていたミキは、花屋の前を通りかかり、店に足を踏み入れると花屋の青年と目が合い、とっさに花を買いたいと言ってしまう。青年はミキに、どんな花が欲しいのかを尋ねるが...。ミキは、2号さん(臼田あさ美)と焼き鳥屋で飲むことに。彼女たちの隣では、サラリーマン 2 人組が飲んでいた。ミキと2号さんが上司(松田大輔)と部下(前野朋哉)の会話に耳を澄ましていると「婚約解消」という言葉が聞こえてくる...。

◆第3話:花咲くねぎ焼き
失恋人 後輩/小西桜子

ミキは、青年が働く花屋を再び訪れる。何を話せばいいか分からなくなったミキは、失恋した友達のために元気の出る花言葉を持つ花を贈りたいと、でまかせを言ってしまう。その後、ミキは青年の花言葉をきっかけに、お好み焼き屋へ向かった。店内には、会社の先輩と後輩らしき 2 人組の女性客がおり、先輩(早織)が後輩(小西桜子)を励ましながら、ねぎ焼きを切り分けている。ミキは、2 人の様子に失恋の匂いを嗅ぎつける...。

◆第4話:夕焼け空と大学いも
失恋人 HARU/三浦透子

ある日、ミキが事の成り行きからタクシーに乗っていると、カーラジオから HARU(三浦透子)という歌手のトークが流れてくる。HARU は、インディーズ時代の思い出話を語っていた。その話を聞くうちに、ミキは高校生の時、路上で歌う女性に大学イモを渡した記憶を思い出す...。

◆第5話:寄り添うカニコロ
失恋人 娘/大友花恋

ミキは人生で初めて読者からのファンレターを受け取る。嬉しくてたまらないミキは、祝杯をあげるため洋食屋に入る。ミキの並びの席には、親子らしい中年男性と若い女性が座っていた。父(佐藤貢三)が失恋した娘(大友花恋)を元気づけるため、食事に連れてきたようだった。父と娘は、カニクリームコロッケを注文。ミキは、父と娘の様子を観察して妄想を膨らませる...。

◆第6話:焼き小籠包の誓い
失恋人 ヒトミ/紺野ぶるま フミエ/本田あやの ミチヨ/後藤ユウミ

ミキは3人組の女性・ヒトミ(紺野ぶるま)、フミエ(本田あやの)、ミチヨ(後藤ユウミ)を見かける。失恋めしの気配を感じたミキが彼女たちについて行くと、焼小籠包の店にたどり着く。ミキは、熱々の焼小籠包を食べながら3人の会話に耳を傾ける。ヒトミが好きだったのは、シンヤ(鈴木裕樹)という男性。さらに話を聞いていると、フミエとミチヨもシンヤが好きだったようで...。

◆第7話:酒盗にハートを盗まれて
失恋人 佐藤光子(STO 企画 3 号さん)/安藤ニコ

STO企画の3号さん(安藤ニコ)がミキにファンレターを届けに来る。その場で一緒にファンレターを読み、一節を聞いて何かを確信した3号さんは、ミキをビストロへ連れて行く。2人で乾杯した後、3号さんは自らの失恋を告白。塩辛を使った酒盗カルボナーラを食べながら、ミキは彼女の失恋話を聞くことに。3号さんの失恋相手は、意外な人物で...。

◆第8話:塩っぱい焼きそばパン
失恋人 エイコ/深川麻衣

ミキは、高校時代の同級生・チヒロ(河邑ミク)の結婚パーティーに出席する。新郎は同じ高校で部活のキャプテンを務め、ミキがかつて密かに好きだった相手。パーティーの後、ミキは一緒に出席した、高校時代に仲良しだったエイコ(深川麻衣)を「焼きそばパン食べない?」と誘う。ミキたちにとって焼きそばパンは、いつも食べていた思い出の味。ミキは、当時自分もキャプテンが好きだったと告白する。するとエイコも、今まで隠していた秘密を打ち明ける...。

◆第9話:カレーも恋も面倒くさい
失恋人 ???/???

ミキは、花屋の青年を街で見かける。青年は一軒家の前で妊婦(小篠恵奈)と談笑していた。その様子は、新婚夫婦が新居を探しているようだった。『失恋めし』の書籍化が決まり、STO 企画は大忙し。ミキも編集作業を手伝うものの、失恋のショックで手につかない。帰り道、カレーのスパイスのいい香りに誘われたミキは、カレー屋へ。すると、居合わせた意外な人物に青年との思い出を聞いてもらうことに...。

◆第10話:ロールキャベツに包まれて
失恋人 キミマルミキ??

ミキは、失恋を乗り越えるためにさまざまな方法を試す。その結果、おいしいものを食べることが一番いいと再確認する。そんな中、『失恋めし』の本ができあがり、縁結び神社で、ミキの出版記念サイン会が行われることに。そこに花屋の青年が花束を持って現れる。ミキに会いに来たのかと思いきや、彼は別の人物に花束を差し出した...。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)