『決戦は日曜日』完成披露試写会に登壇した窪田正孝、宮沢りえ

 窪田正孝、宮沢りえ、赤楚衛二、内田慈、小市慢太郎、音尾琢真が13日、都内で行われた窪田主演映画『決戦は日曜日』(2022年1月7日公開、坂下雄一郎監督)の完成披露試写会に登壇した。

 突然、父の地盤を引き継ぎ仕方なく出馬することになった令嬢で新人候補の川島有美(宮沢)を支える谷村勉(窪田)ら議員事務所秘書の奮闘を描く。

 事なかれ主義の議員秘書・谷村勉役を演じる主演の窪田は「たくさん笑ってもらえる。でもどこか他人事ではないとてつもない映画が完成しました」と自信。

 政界には無知だが情熱だけはある新人二世候補・川島有美役の宮沢とは初共演。「こんなにエネルギーの集合体のような人に今まで会ったことがない。プラスのポジティブパワーで出来ている方。体の中が治癒されたと思うくらい、僕にとってのパワースポットです!」と絶賛していた。

 一方の宮沢は、窪田を「受け止めてくれる許容範囲が広いので、どこにボールを投げても取ってくれる安心感がありました。心強かったです」と、宮沢も窪田を称えていた。

 窪田は印象的なシーンとして、有美に対してずけずけとダメ出しする場面を挙げ、「コロナ禍でマスクをして言葉も出せないようなときに、役を通してめっちゃ毒をはきました」。司会者から「パワースポットの宮沢さんにデトックスもさせてもらったんですね」と言われ「浄化されました!」と笑った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)