STU48・甲斐心愛

 STU48・甲斐心愛が、森ガキ侑大氏が監督を務めるドラマ『叫ばないと生きていけない』(来年1月放送スタート、中国放送)で主演する。甲斐にとって初のドラマ主演となる。

 尾道を舞台にしたファンタジー系文学短編ミニドラマ。映画「さんかく窓の外側は夜」などを手掛けた広島出身映画監督の森ガキ侑大氏が企画・脚本・監督を務める。

 コロナ禍で思うような青春を過ごせずモヤモヤを抱え、日々不安と葛藤に悩む女子高生「真知子」が、ある電話ボックスを通じて同じ悩みを抱える人々と出会い、自分を見つめ直していく。

 主人公である「木田真知子」役に、瀬戸内を中心に活動するSTU48の甲斐心愛(かいここあ)。私生活でも18歳、現役女子高校生の甲斐が等身大の主人公を演じる。

 撮影は、広島の製作スタッフを中心に、オール尾道市ロケ。1話3分の全9話で、2022年1 月からRCC地上波ゴールデン帯ミニ枠で週1回放送予定だ。

甲斐心愛:コメント

 真知子と同じ年の私自身もモヤモヤや悔しさを日常で体験してきました。“コロナの青春“というものを固定視点だけでなく異なる捉え方を、今青春を過ごしている人や青春を経験した全ての人に届けたいです。

森ガキ侑大監督:コメント

 潮風の匂いが香り、どことなく温かい空気が流れる広島が好きです。そんな広島の地元でのドラマ企画を実現できたことはすごく嬉しく思っております。広島をエンタメの力で少しでも活気づけられるように頑張りたいと思います。

江口敦史プロデューサー:コメント

 コロナ禍がもたらした分断や不安が、若者たちの「つながり」に与えた影響を、広島発のドラマを通じて伝えられたらと思いました。森ガキ監督と一緒に撮影に望むキラキラした若きクリエイターの挑戦にも注目してください。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)