取材会に出席したムロツヨシ、有村架純、松本潤、岡田准一、阿部寛(NHK)

 2023年NHK大河ドラマ『どうする家康』の出演者発表会見が29日、都内であり、松本潤演じる主人公・徳川家康に大きな影響を与える織田信長に岡田准一、正室・瀬名に有村架純、豊臣秀吉にムロツヨシ、武田信玄に阿部寛、今川義元に野村萬斎が決まった。松本は「すごく光栄です。1年4カ月撮影できることはすごく楽しみ」と期待感を膨らませた。

 『どうする家康』は家康の生涯を描く。今川家の人質として幼少期を過ごすも、三河武士の熱意に動かされ、弱小国の主として生きる運命を受け入れる。織田信長や武田信玄という強者が割拠するなか幾つもののピンチを乗り越え、やがて天下を掴む。稀代のストーリーテラー・古沢良太氏が脚本を手掛け、ハラハラドキドキ、スピード感あふれる波乱万丈のエンターテインメントとして描く。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)