佐野勇斗が演じる一星(日本テレビ)

 佐野勇斗が出演する、西島秀俊主演の日本テレビ系ドラマ『真犯人フラグ』の第6話が21日午後10時半から放送される。佐野演じる橘一星は第3話から第5話まで、西島演じる凌介と共に失踪事件の真相を迫ってきたが、第6話では事件の黒幕説が浮上する。

 凌介(西島秀俊)が真帆(宮沢りえ)にプレゼントしたものと同じ限定品の傘が、朋子(桜井ユキ)の自宅から見つかる。ドライブレコーダーの映像で傘をさしていた女性も朋子なのか?「至上の時」で傘の件を聞いた瑞穂(芳根京子)、一星(佐野勇斗)、河村(田中哲司)、日野(迫田孝也)は朋子が犯人かと疑うが、凌介は状況的に不可能ではないかと分析する。お人好しすぎる凌介抜きで事件を調べるために同盟を組んだ瑞穂と一星は、それぞれ朋子の周辺を探ることに。瑞穂は朋子が勤める整体院に客として潜入し、一星はSNSのアカウントを調査する。そこで浮かび上がる、朋子の秘密とは何か。

 一方YouTuberのぷろびん(柄本時生)は、凌介に直撃して一星に追い返された時の映像を公開し、一星が事件の黒幕ではないかと煽る。プロキシマには嫌がらせが殺到し、殺害予告の手紙まで届く。一星は投資家とオンラインサロンメンバーに向けて生配信を行い、自らの口で事の経緯を説明するが、吉と出るか、凶と出るか。

 そして、凌介のもとには驚愕のメールが届く。果たしてその内容とは。さらに、第5話で登場した謎の男(前野朋哉)が凌介に接触する。失踪事件が大きく動き出す第6話に注目だ。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)