宮下達朗役を演じる柳俊太郎。プラチナイト モクドラF 「アンラッキーガール!」より。

 柳俊太郎が、日本テレビ・読売テレビ系ドラマ『アンラッキーガール!』11月25日放送の第8話にゲスト出演。物語の行方を揺るがすキーマン、宮下達朗役を演じる。※柳俊太郎の「柳」は、正しくは木へんに夘。

 “世界一不運”な3人の女性たちが、次々とトラブルに巻き込まれながらも幸せを掴もうと奮闘していくアンラッキーコメディ。金運を筆頭に、あらゆる運がゼロの主人公・福良幸(ふくら・さち)を演じるのは福原遥。福原とともに、世界一不運な3人の女性として、男運も対人運もゼロの朝倉香(あさくら・かおり)役で若月佑美、仕事運ゼロの綾波樹(あやなみ・いつき)役で高梨臨が出演している。

 第1話では、香の家で、強盗事件の犯人・木戸と遭遇する幸・香・樹の姿が描かれたが、第8話ではこの強盗事件の主犯として、卓海(板垣瑞生)が逮捕されてしまう展開に。実は、木戸と卓海は、高校時代の同級生。一方的に卓海を恨んでいた木戸が、逮捕後の取調べで卓海が主犯と証言するのだった。

 さらに、犯行に使われたボストンバッグと盗まれた札束の一部に卓海の指紋が残っていたことが判明してしまい…。実はこの指紋には、宮下達朗が関係していて…。卓海を救うべく、3人は強盗事件について調べ始めるが…果たして、卓海はどうなってしまうのか。

 柳が演じる宮下達朗は、物語の行方を揺るがすキーマンだ。個性派俳優として高い評価を受ける柳は近年では、Netflixオリジナルドラマ『今際の国のアリス』でのラスボス役では鬼気迫る圧倒的な芝居を見せ、対してドラマ『トーキョー製麺所』ではバイトリーダー青井春翔役を演じるなど振り幅の広い芝居でも注目を集めている。

 そんな柳が演じる宮下はどのようなものになるのか。自身も「とても個性の強いキャラ」と語っている。解禁されたビジュアルからもその一端がうかがえるが、柳が表現する宮下にも注目だ。

柳俊太郎:コメント

――福原さんや皆さんとの共演はいかがでしたか?

 皆さんとても愉快な方たちで、現場もとても楽しく過ごさせて頂きました。変わった衣装でのアクションや異色なテンションの役でしたが、現場の雰囲気がとてもよく楽しく撮影に臨むことができました。

――このドラマはどんな印象でしたか?

 アンラッキーな出来事が物語を進めていく斬新な内容になっておりコメディーな要素もありますが、もしかしたら世界はアンラッキーな出来事の積み重ねで回っているのかも?と思わせられるような不思議な感覚を持てるドラマだと思いました。

――視聴者の皆様へのメッセージをお願いします

 今回、自分はとても個性の強いキャラを演じました。自分がアンラッキーだと思う方、そうでない方ももちろん通ずるものがあると思いますのでぜひ見て頂けると嬉しいです!

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)