奥平大兼(C)2022「マイスモールランド」製作委員会

 奥平大兼が、嵐莉菜主演の映画『マイスモールランド』(川和田恵真監督)に出演することが決まった。各映画賞で新人賞を総なめした『MOTEHR マザー』以来の映画出演となる。

 クルド人の家族とともに生まれた地を離れ、幼い頃から日本で育った17歳のサーリャだがあることをきっかけに在留資格を失い、家族の日常が一変する。埼玉には、約2000人のクルド人が住む地域があり、そこに暮らす女子高生サーリャが主人公。彼女が、東京に住む日本人の少年・聡太(奥平大兼)との出会いをきっかけにアイデンティティに葛藤し、成長していく物語が描かれる。

 在日外国人が、在留資格を失うと、働くことができなくなるばかりか、居住している地域を出ることができなくなる。そのため、本作の嵐莉菜が演じる主人公サーリャは、奥平大兼が演じる東京に住む聡太へ会いに行くことができなくなる。

 『MOTHERマザー』の撮影時は、15歳だった奥平大兼は、本作撮影時17歳(現在18歳)の現役高校生。演技未経験で数百人の応募者の中からメインキャストの周平役に抜擢された『MOTHER マザー』で俳優デビューしてから、今年の第44回日本アカデミー賞新人俳優賞、第94回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞、第63回ブルーリボン賞新人賞、第30回日本映画批評家大賞新人男優賞など多くの新人俳優賞を受賞し注目を集め、その反響から、続々とドラマ出演やCMなどが決まり、多くの現場で経験を積んできた奥平。オーディションで選ばれての参加となった本作では、『MOTHER マザー』撮影時から2年ぶり、公開から1年ぶりの映画撮影となった。

 奥平はこう語る。

 「(俳優として)映画からはじまったという気持ちはあるので、その現場に2年ぶりに戻ってきたということで新鮮な気持ちになりました。久しぶりの映画の現場で、クランクインの直後は迷いがありました。『MOTHER マザー』の時は、何もわかっていなかったので、OKがかかると、ただ嬉しかったのですが、ドラマなどいろんな現場を経験したことで、自分の中で考え過ぎてしまったところがあって。でも現場で川和田監督とたくさんお話しして、監督が表現したいことをお聞きし理解することができたので、撮影が進んでいく中で、聡太として生きることができたと思います。撮影前に監督とお話したことなど、僕の趣味などを脚本に反映していただくこともあって、最後のほうは演じているのかわからなくなる瞬間もありました」

 是枝監督の『三度目の殺人』(17)で監督助手、西川監督の『すばらしき世界』(21)でメイキングを担当するなど、多くの現場で研鑽を積み、本作で満を持しての商業長編映画デビューとなった「分福」の新鋭監督・川和田恵真は、奥平の印象をこう明かす。

 「奥平くんとは、オーディションで出会いました。お芝居を見させていただき、まだ青年になりきらない、途上にいる姿が今回の聡太という役柄そのものでした。(奥平くんが)部屋を出る前にはもう、お願いしたいと心が決まっていました。撮影前から何度かお会いして、彼自身の物事をフラットに捉える視点や、自由に伸び伸びとした姿にも触発され、さらに脚本の内容も膨らみました。現場でも、とてもひたむきで、いつもお芝居のことを考えていた姿が心に残っています。不器用ながらも真っ直ぐな聡太という人間を、等身大で体現しきってくれたことに、とても救われました。今、この時、奥平くんを撮ることができて大変光栄です」

 主演の嵐莉菜も17歳の現役・高校生。奥平と同じく、映画で本格的な演技が初となった嵐に対して「僕がこんなことを言うのもおこがましいですが、本番になると顔が変わります。初めての演技で、これだけオンオフ切り替えられるなんて凄いなと思いました」と話す。

 さらに奥平は、作品が扱う題材に関して、「クルドの方々の問題は、この脚本をいただくまで知らなかったです。撮影前に勉強はしないように監督から言われていたのですが、難民の問題については、ニュースから聞こえてくる遠い国のお話だと思っていましたが、日本でもこんなことがあるんだと、急に身近なこととして考えられるようになりました。」とコメントしている。

 本作は企画段階で、2018年の釜山国際映画祭内にあり、映画の新企画やクリエイターを支援するイベント「ASIAN PROJECT MARKET(APM)」で、アルテ国際賞(ARTE International Prize)を受賞。難民2世という題材をベースに、世界に開かれた新しい視点で、現代日本が抱える社会問題を切り取りながら、誰もが“自分ごと”として受け入れられる普遍的な青春ドラマとして描く。

 撮影は今年5月18日クランクインし、6月8日にクランクアップ。日仏共同制作となる本作は、共同制作となるフランスで最終の仕上げ作業を行っており、2022年初夏、全国公開。

解禁されたポスター(C)2022「マイスモールランド」製作委員会

聡太役・奥平大兼:コメント

――本作の出演について。

 映画からはじまったという気持ちはあるので、その現場に 2 年ぶりに戻ってきたということで新鮮な気持ちになりました。久しぶりの映画の現場で、クランクインの時は迷いがありました。『MOTHER マザー』の時は、何もわかっていなかったので、OK がかかると、ただ嬉しかったのですが、ドラマなどいろんな現場を経験したことで、自分の中で考え過ぎてしまったところがあって。でも現場で川和田監督とたくさんお話しして、監督が表現したいことをお聞きし理解することができたので、撮影が進んでいく中で、聡太として生きることができたと思います。撮影前に監督とお話したことなど、僕の趣味などを脚本に反映していただくこともあって、最後のほうは演じているのかわからなくなる瞬間もありました。

――主演の嵐さんについて。

 僕がこんなことを言うのもおこがましいですが、本番になると顔が変わります。初めての演技で、これだけオンオフ切り替えられるなんて凄いなと思いました。

――作品の題材について。

 クルドの方々の問題は、この脚本をいただくまで知らなかったです。撮影前に勉強はしないように監督から言われていたのですが、難民の問題については、ニュースから聞こえてくる遠い国のお話だと思っていましたが、日本でもこんなことがあるんだと、急に身近なこととして考えられるようになりました。

監督・川和田恵真:コメント

――奥平さんについて。

 奥平くんとは、オーディションで出会いました。お芝居を見させていただき、まだ青年になりきらない、途上にいる姿が今回の聡太という役柄そのものでした。部屋を出る前にはもう、お願いしたいと心が決まっていました。撮影前から何度かお会いして、彼自身の物事をフラットに捉える視点や、自由に伸び伸びとした姿にも触発され、さらに脚本の内容も膨らみました。現場でも、とてもひたむきで、いつもお芝居のことを考えていた姿が心に残っています。不器用ながらも真っ直ぐな聡太という人間を、等身大で体現しきってくれたことに、とても救われました。

 今、この時、奥平くんを撮ることができて大変光栄です。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)