特務隊の特務服を身に纏うアラタ演じる山田涼介(C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

 「誰もが知る“巨大怪獣”の、誰も知らない“死んだ後”の物語」を描く映画『大怪獣のあとしまつ』(2022年2月4日公開)の特別<幕間>映像と場面写真が公開となった。

 【動画】公開された特別<幕間>映像

 特別映像は、「怪獣は死んだ」というテロップとともに河川の上に横たわる巨大な怪獣の死体が映し出されるところからスタート。

 「誰があとしまつすんのかな?」「怪獣の死体は人類に悪影響」「なぜゴミ処理の責任者に?」といった言葉が次々と並び、突如襲い掛かった未曾有の難問を前に一触即発の緊張感が漂う。

 ニヤリと不敵な笑みを浮かべる特務隊員の帯刀アラタ(山田涼介)を筆頭に、環境大臣秘書官・雨音ユキノ(土屋太鳳)、総理秘書官・雨音正彦(濱田岳)、元特務隊であり爆破処理のプロ・ブルース(オダギリジョー)、内閣総理大臣・西大立目完(西田敏行)の姿が連続で登場。

 映像のラストでは「本来はどこの管轄だ?」という文字からの「厚労省?」「国交省?」「動物の死体だから」「保健所?」など怒涛の畳みかける言葉の数々に圧倒され、息もつかせぬ展開で観る人を一気に世界観に引き込む。

 「爆発したら国家崩壊」というパワーワードも飛び出し、ハリウッド超大作にも引けを取らない、世界基準のスケール感と迫力を併せ持った映像に仕上がっている。

 国家崩壊のカウントダウンが進むなか、危機を救うため巨大怪獣の死体を無事“あとしまつ”できるのか!?

 さらに特別映像と合わせ新たな場面写真も解禁。特務隊の特務服を身に纏い、真剣な表情を見せるアラタ。“大怪獣の死体処理”という人類史上、最大の難題に挑むアラタの一場面を垣間見ることができる。

 本作の主演はHey! Say! JUMPの山田涼介、ヒロインは土屋太鳳。さらに監督・脚本をドラマ「時効警察」シリーズなどで知られる三木聡が務める。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)