涙を流す土屋太鳳

 土屋太鳳、福原遥、工藤阿須加、興津和幸、小松未可子、大原さやか、吉浦康裕監督が29日、都内で行われたアニメ映画『アイの歌声を聴かせて』の初日舞台挨拶に登壇。以前に劇中歌が「合唱曲になったら…」と話していた土屋にその夢を叶えるサプライズが行われ涙した。

 ポンコツ“AI”とクラスメイトが織りなす、爽やかな友情と絆に包まれたエンターテインメントフィルム。AIのシオンの声を土屋太鳳。サトミを福原遥、サトミの同級生、トウマを工藤阿須加、ゴッちゃんを興津和幸、アヤを小松未可子、サトミの母・天野美津子を大原さやかが演じた。

 土屋は、シオンの声で名セリフ「皆さん、いま幸せ?」で会場に問うと拍手が沸き起こった。無事初日を迎え安堵の様子を見せる面々。そんな土屋にサプライズ。以前の舞台挨拶で「合唱曲になったらいい」と話していたが、この日は劇中歌『ユー・ニード・ア・フレンド~あなたには友達が要る~』を、劇中に登場する高校のモデルとなった学校の生徒14人が、その曲を合唱する映像がサプライズで流された。

 土屋は涙を流し「不安になることもあったけど、この曲に背中を押された」と感動。福原もその歌声に涙し、興津や大原もすすった。そして、その生徒2人がかけつけ花束を贈呈。再び涙する土屋は感動しきっきりだった。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)