緒形直人、川口春奈、岡田将生、入江悠監督

 岡田将生、川口春奈、緒形直人、入江悠監督が28日、都内で行われた映画『聖地X』(11月19日公開)完成披露試写会に登壇。初共演にして兄妹役を演じた岡田と川口はそれぞれの印象を語った。

 数々の惨劇に見舞われる小説家志望の輝夫役の岡田。輝夫の妹で奇妙なことに巻き込まれる要役の川口。2人は初共演にして兄妹役を演じる。

 岡田は川口ついて「正直で嘘をつけない方。一緒に仕事をしていて気持ちがいい。兄
として頼っている部分もありました」と好印象。それに川口も「撮影中は私のくだらない話を聞いてくれて、優しいお兄ちゃんでした」と笑顔を浮かべると、岡田は「プライベートな話などを聞いて『大丈夫、大丈夫』と相槌を打っていました」と仲睦まじそう。

 2人の兄妹ぶりに緒形も「完全に兄と妹。撮影の合間も川口さんが岡田君のことをつっついたり、イタズラをする。しかも岡田君のいなし方が絶妙で優しい。年の離れた兄妹像が生れていました」と絶賛。

 入江監督は川口について「撮影中は劇中に登場する犬とじゃれ合っていたのに、最後の最後に噛まれて落ち込んでいた」とハプニングを暴露すると、当の川口は「いきなりガブッと噛まれて。『なんだよ…』とショボンとしました」と残念そうだった。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)