『CUBE 一度入ったら、最後』初日舞台挨拶に立った岡田将生

映画『CUBE 一度入ったら、最後』の舞台挨拶ではキャストの仲睦まじい姿が印象的でした。なかでも斎藤工さんと岡田将生さんのやりとりは微笑ましく、斎藤さんの行動に表情を崩して笑う岡田さんの姿が印象に残っています。10月22日、都内で行われた初日舞台挨拶でもそれが見られました。今回は岡田将生さんの笑顔を切り撮ります。

この日、原作映画の監督を務めたナタリ氏と中継で結びトークセッションを行いました。キャストの印象やナタリ氏が日本文化に好意を抱いているなどが話されました。そのなかで岡田さんも質問することになりました。「大好きな…」と言いはじめ、途中で挨拶をしていなかったことに気付き「岡田将生と申します」とナタリ氏に律儀に挨拶します。それを隣で聞いていた斎藤さんはそのワードを結び「大好きな岡田将生?」とツッコミ。慌てて「違う違う!」と笑顔で否定する岡田さんは「こういうところなんだよな」と頭を掻きます。

岡田さんが質問したのは「大好きな日本映画作品は?」という事でした。ナタリ氏は「黒沢明監督ももちろんですが、今敏監督に非常に影響を受けている」と答えました。

トークセッション、そして報道陣向けのフォトセッションも無事終えるかと思いきや、ここで斎藤さんが仕掛けます。手を振るポーズを求められ、下向きに行います。それに気づいた岡田さんは再び大爆笑。笑顔のまま終えました。

舞台挨拶では和やかに進みましたが、岡田さんは劇中で、フリーター・越智という役を怪演しています。岡田さんに限らず、菅田将暉さんをはじめとしたキャストは、観客をその世界に没入させるほどの圧巻の芝居を見せています。芝居と言うよりもその世界で生きています。ぜひ本作にも注目してください。【木村武雄】

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)