斎藤工、岡田将生、菅田将暉、杏、田代輝

 菅田将暉、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、清水康彦監督が22日、都内で行われた映画『CUBE 一度入ったら、最後』初日舞台挨拶に登壇した。

 1997年に公開され、全世界でカルト的人気を誇る映画『CUBE』を、原作監督のヴィンチェンゾ・ナタリ初の公認リメイクとして制作。死と隣り合わせにある迷宮“CUBE”のなかで極限状態に陥いた男女6人の脱出劇を描きながら人間の本性を映し出す。

 この日は、そのナタリ監督と生中継で結んだ。杏は、流ちょうな英語で会話。ナタリ監督は以前、杏の子供たちが「CUBE」に入っている絵を描き、それを送ったそうだ。杏はそのエピソードを紹介し「子供たちが喜んでいました」と報告。ナタリ監督は「お子さんたちは可愛かった」と懐かしんだ。

 また杏は、「母として女性としてこの作品に参加することに意義を感じる」とクランクイン前にナタリ監督から寄せられたビデオメッセージの内容も紹介し、感謝の言葉を送った。

 日本好きというナタリ監督。菅田将暉からは「いつか日本で撮ってください」と言われ、「そう言われたら今にでも飛行機に乗りたくなる」と目を輝かせると、菅田は「嬉しい」と喜んだ。

 以前行われたトロント映画祭で会っていた斎藤工は「まさかこういう形で再会できるとは」と驚き、岡田将生は影響を受けた日本映画作品を聞くと「黒沢明監督ももちろんですが、今敏監督に非常に影響を受けている」と答えていた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)