井浦新、志田彩良、鈴鹿央士、菊池亜希子

 志田彩良、井浦新、鈴鹿央士、菊池亜希子が16日、都内で行われた映画『かそけきサンカヨウ』(今泉力哉監督)公開記念舞台挨拶に登壇した。主演を務めた志田は「公開されて嬉しい」と語った。この日は、原作者・窪美澄さんから手紙のサプライズプレゼトもあった。

 人気作家・窪美澄さんの同名短編小説を映画化。家庭環境のせいで早く大人にならざるを得なかった高校生・陽の葛藤と成長を、同級生・陸との“恋まではたどり着かないような淡い恋愛感情”を交え描く。

 主人公・国木田陽に「ドラゴン桜」(TBS)が話題となった志田彩良、陽をやさしく見守る父親・直を井浦新、陽の同級生・陸に「ドラゴン桜」でも志田と共演した鈴鹿央士、直の再婚相手・美子を菊池亜希子が演じる。

 共演は「ドラゴン桜」よりも前に撮った本作が先。お互い人見知りというが、鈴鹿は、寝ているところを携帯電話で写真を撮られ、それにうさぎの耳を付けて加工して、同級生役を務めた仲間に送信されたと明かし「人見知りの人はそんなことしないじゃないか」と笑いながら投げかけた。

 これに「言い訳させてほしい」としたのが志田。鈴鹿が寝ていたのはクランクインの日で、大先輩である井浦が参加した日。にもかかわらず寝ていたとし「勇敢だなと思って、面白かったのでうさぎのフィルターで可愛くしようと思った」と明かし、笑いを誘った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)