菅田将暉、岡田将生、斎藤工、清水康彦

 菅田将暉、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎、清水康彦監督が22日、都内で行われた映画『CUBE 一度入ったら、最後』(10月22日公開)記念イベントに登壇した。

 1997年に公開され話題を呼んだヴィンチェンゾ・ナタリ監督による「CUBE」を原作に、キューブに突然閉じ込められた男女6人の脱出劇を描く。

 主人公を演じた菅田は「原作通りシリアスでミステリアスな作品ですが、みんな仲良かった」とし、撮影の合間には、それぞれが持ち込んだゲームなどで楽しんでいたと明かした。

 セットは原作通り、巨大なキューブが設けられた。壮大なセットと言えるが、その中で撮影することもあって、「画(え)の変わらない空間で戦うから前室だけは」と杏が提案したものだったという。

 吉田も「楽しい時間が流れていたから、現場に行きたくなくなる」と笑った。

 その巨大キューブは照明も設置されている。田代の誕生日には照明チームがレインボーに色を変えていたといい、田代は「特別な誕生日になりました」と目を輝かせた。

 今回、監督を務めたのは、自身長編初監督となった『MANRIKI』を始めとした作品で斎藤工と共作経験のある清水監督。数多くのミュージックビデオを手掛けていることでも有名だ。

 清水監督は現場の様子を「チームワークの良さが作品にもつながる」としつつも、菅田に「現場でえずく監督を初めて見た。役者の前で吐きそうになっている監督を見て、それだけ真剣にやっているのだからもっと頑張らなきゃって。そこで信頼感が生まれた」と明かされ照れていた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)