崎山つばさ

 崎山つばさ、植田圭輔が9月18日、都内で行われた映画『クロガラス0』(小南敏也監督)公開記念舞台挨拶に登壇した。

 新宿歌舞伎町を舞台に、金を払えばどんな危ない仕事も引き受ける解決屋「クロガラス」が裏社会のトラブルを解決する物語。

 『クロガラス3』では、仲間を裏切った男が立ち上げた解決屋「ホワイトナイト」との戦いが描かれ、『クロガラス0』は主人公の神崎黒斗が「解決屋」になる真での隠された過去が明かされる。

 主演の崎山つばさは主人公・黒斗を演じ、その最強バディとなる真郷悠哉を植田圭輔が演じる。

 『クロガラス0』時代は新人警察官だった黒斗。解決屋誕生までの姿が描かれているが崎山は「逆に演じやすかったです。こんなに自由に動いていいんだと思いました」と回顧。

 また、歌舞伎町での撮影では、芝居がリアルで事件だと思った一般人が通報し、警察が出動するハプニングも。「同業者が来たと思った」としつつも「緊迫したシーンだったのでそれだけリアルだったんだと思った」と振り返った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)