前田敦子

 田中圭、前田敦子、竹中直人、堤幸彦監督が7日、都内で行われたHuluオリジナルドラマ『死神さん』(17日スタート)配信記念イベントに登壇した。

 【写真】集合写真

 大倉崇裕氏の同名小説を原作にしたミステリードラマ。“死神”と呼ばれる再捜査専門のクセモノ刑事・儀藤堅忍(田中圭)が、事件ごとに相棒を替えながら冤罪事件を再捜査し、徹底的かつ真摯に真実を明らかにしていく姿を描く。

 ドラマオリジナルキャラクターで儀藤と相棒刑事の“連絡係”南川メイを演じるのは前田敦子。第5話で儀藤の“相棒”米村誠司を演じるのは竹中直人となる。

 前田が演じた南川は、儀藤の連絡係でもある、警視庁広報課所属の巡査長。儀藤が担当する事件で“自分なり”のバックアップを行い、陰ながら捜査をサポートするが、儀藤には「パシリ」と呼ばれる。

 儀藤も南川もクセが強いキャラクターだが、その雰囲気は対照的。前田は「自分勝手に絡めるのはメイと儀藤の関係性だったから楽しかったです。嚙み合っていない感じに出来上がっていて、その距離感は本当にいいなって思いました」

 一方の田中は「メイが可愛らしくて」。その南川は儀藤を慕っており、使いっ走りでも明るく「パシリでーす!」とポーズを決める。田中は「その姿もいいなって。いいなこの関係性ってと思ってやっていた」と明かした。

 堤監督作品には過去にも出演経験のある前田だが、堤監督からは「常日頃から『前田敦子は最終兵器』と言わせてもらっている。頼るべき役者で、主役もちろん完全にこなすけど、今回のコラボもちゃんと自分の立場を見て演じている」と絶賛した。

 この日は、物語にちなみ、悩み相談を解決する企画も行われた。「やる気が出ないときは?」という相談に、前田は「そういう時は寝て次の日集中してやる」と説いた。一方、自身の悩みは「お腹が空いて目が覚める」。この日も深夜2時半に覚めたと言い「頑張って寝ました」とし、普段我慢できないときは「子供のコーンフレークを食べます」と笑った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)