土屋太鳳

 藤原竜也、土屋太鳳、風間俊介、豊川悦司、堀込高樹(KIRINJI)、タカハタ秀太監督が27日、都内で行われた映画『鳩の撃退法』公開初日舞台挨拶に登壇した。登壇予定だった西野七瀬は体調不良により欠席となった。

 【写真】土屋太鳳、打撃フォーム連続写真

 第157回直木賞受賞作『月の満ち欠け』など佐藤正午氏の同名小説が原作。この日ミニ丈のワンピース姿で登壇した土屋は本作で藤原竜也が演じる天才作家・津田伸一の担当編集・鳥飼なほみを演じる。

 この日は、登壇者が揃って、だるま落としならぬ、鳩落としに挑んだ。藤原に次ぐ二番手で登場した土屋は最初こそ失敗するも、二打目で綺麗に振り抜き、下から二段目を打ち飛ばすことに成功した。

 その土屋は「私は本を読んでいる男性が好きなので眼福でした」とし、本作の見どころについては「伏線でできているような作品。謎のミルフィーユが何層にもあって」と、自分だけの推理だけでなく他者の解釈から新たな発見が得られるとし「ぜひSNSなどで交流してほしい」と呼び掛けた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)