菅田将暉と松丸亮吾(C)2021「CUBE」製作委員会

 菅田将暉が主演する映画『CUBE 一度入ったら、最後』(10月22日公開)で、謎解きクリエイター・松丸亮吾が撮影現場をレポートする映像が公開となった。

 誰もがひらめきを楽しめる謎を展開するクリエイターであり、謎解きを世に広めるために活動する松丸。実は1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督によるオリジナル版『CUBE』の大ファンを公言している程の熱烈なCUBEファンという。本作制作時に既にコラボが決まっており、撮影現場を見学。360度カメラを片手に潜入した撮影スタジオをレポートした。

 謎の立方体「CUBE」を舞台に繰り広げられる密室サスペンス。謎を解くことがポイントとなる本作だが、実際にCUBEのセットの中に入った松丸は「360度全部CUBE!すごい迫力!」と、セットのクオリティの高さに興奮気味。そしてCUBEの色がどんどん赤くなると「ヤバいヤバい!」とまたまた大興奮。大好きな作品のセットに入り、終始興奮している松丸の様子が映像に収められている。

 なお、今回の映像は360度カメラで撮影しているため、視聴する皆さんが自在にカメラの角度を変えることが出来るという、全く新しい特別な映像になっている。

 松丸は実際に俳優たちが演技をしている現場も見学。日本を代表する名優たちの演技合戦を目の当たりにした。完璧に見えるシーンでも、少しでも納得いかないことがあれば撮り直しをするという徹底ぶりに、「照明の位置や、役者の立ち位置など、細かいところ一つ一つへのこだわりが凄い!」とスタッフや俳優たちの細部へのこだわりに驚嘆していた。

 さらに撮影現場では主演の菅田将暉と対面。実は時々脱出ゲームなどに遊びに行って、謎解きに挑戦しているという菅田が「最後の最後でクリアできなくて悔しい」と話すと、謎を作る側の松丸は「最後の最後でクリアできないようにしています(笑)」と、二人で謎解きについて語り合う一幕も。

 松丸は本作とのコラボ企画で実際に問題を絶賛作成中。通常「10組挑戦したら1組クリアできる」ぐらいの難易度で問題を作ると語っているが、本作とのコラボはさらに盛り上げるために「1000組に1組がクリアできる」レベルの、超高難易度の問題を作っている」と豪語すると菅田も「楽しみだなあ」と期待を隠せない様子。

 また、現場では千陽役の田代輝とも対面。実は松丸の大ファンという田代は、劇中では見られない満面の笑みで両手の親指と人差し指を使った「CUBEポーズ」で、松丸と記念撮影した。

松丸亮吾:コメント

――コラボの話があった時の感想

 オリジナルの「CUBE」は謎解き好きの間では非常に人気が高く、RIDDLER(松丸さんの会社)のメンバーもほぼ全員見ているくらい大好きな映画でした。その作品にプロモーションで関われることが非常に光栄で、嬉しかったです。オファーをいただいた時、興奮しましたし即決しました!

――撮影現場を訪れた感想

 何よりあのセットに圧倒されました。

 オリジナルの「CUBE」で見た世界よりも進化していましたし、違っている部分もあり、それがより不気味さを掻き立てていました。フラクタル構造になっているところも感激です!

 実際に入っての感想は…思ったより高いし怖かったです(笑)。あのような空間でお芝居をされる俳優さんたちを尊敬します!

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)