(C)2021 musicophilia film partners (C)さそうあきら/双葉社

 井之脇海が初主演、松本穂香がヒロイン、山崎育三郎が共演の映画『ミュジコフィリア』が11月12日に京都先行公開、11月19日に全国公開されることが決まった。これに伴い場面写真が公開された。

 漫画家・さそうあきら氏による同名作品が原作。音楽への深い愛情と知識に溢れ多くのファンを魅了し『神童』『マエストロ!』に続く、音楽シリーズ三部作の最終作『ミュジコフィリア』の映画化となる。

 主人公・漆原朔は、若手実力派として活躍をつづけ本作が長編映画初主演となる井之脇海。朔の異母兄・貴志野大成には、ミュージカルからドラマ、映画と幅広い活躍を見せる山崎育三郎。そして朔に想いを寄せるヒロイン・浪花凪を、透明感溢れる歌声で物語をエモーショナルに彩り、本作の主題歌も担当する松本穂香が演じる。

 脚本・プロデューサーは『太秦ライムライト』の大野裕之氏が担当し、監督は、『時をかける少女』『人質の朗読会』などを手掛け、自身も京都生まれである谷口正晃氏が務める。

 公開された場面写真は9点。朔がひょんなことから入ることになった「現代音楽研究会」のメンバーや、朔を研究会に誘った・青田完一(阿部進之介)や研究会の顧問・椋本美也子(濱田マリ)の写真、さらには朔の母親・漆原君江(神野三鈴)、大成と朔の父親・貴志野龍(石丸幹二)、朔と大成の幼なじみで大成の恋人・谷崎小夜(川添野愛)などが写し出されている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)