(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

 永野芽郁が主演、田中圭と石原さとみが共演する映画『そして、バトンは渡された』(10月29日公開、前田哲監督)の本予告映像が解禁されている。義理の親子を演じる永野と田中の涙が印象的な映像となっている。

 主演の永野芽郁は、原作の大ファンでもあり「この役は絶対に自分が演じたい!」と熱い想いを実現させた。苗字が4回も変わる数奇な人生をポジティブに捉えながらも、人知れず不安や葛藤を持ち合わせている主人公・優子を繊細に演じている。

 優子の血の繋がらない父親・森宮さんを田中圭が演じる。血の繋がらない父娘という全く新しい親子像を感動的に演じ切る。そして、夫を何度も変えて自由奔放に生きる魔性の女性・梨花に石原さとみ。“理想の女性”として常にその生き方が注目される石原は、物語のキーパーソンとなるシングルマザーで初の母親役を演じる。

 血の繋がらない親に育てられ、4回も苗字が変わった森宮優子は、わけあって料理上手な義理の父親、森宮さんと2人暮らし。今は卒業式に向けピアノを猛特訓中。将来のこと恋のこと友達のこと、うまくいかないことばかり…。

 一方、梨花は、何度も夫を変えながら自由奔放に生きている魔性の女。泣き虫な娘のみぃたんに目いっぱい愛情を注いで暮らしているようだったが、ある日突然、愛娘を残して姿を消してしまった。

 そして、優子の元に届いた一通の手紙をきっかけに、まったく別々の物語が引き寄せられるように交差していく。「優子ちゃん、実はさ…。」森宮さんもまた優子に隠していた秘密があった。父が隠していたことは? 梨花はなぜ消えたのか? 二つの家族が交差し、「命をかけた嘘」「知ってはいけない秘密」が明らかになる。

 身近な人が愛おしくなる感動と、紐解かれる「命をかけた嘘と秘密」。原作とは異なる映画オリジナルラストでクライマックスを迎える。

 この映画には令和の時代にぴったりのテーマが隠されており、前田哲監督は「映画を見終わったあと、自分の身近にいる大切な人を見つめて、受け入れて、甘えさせる余裕を持ってもらえたら嬉しいです。本来みんな持っていると思うんですけど、厳しい毎日を過ごしていると、つい忘れてしまう。忘れてしまっている大切な気持ちをこの映画で思い出して、幸せな気持ちで映画館を出てほしいです。この映画は大切な人へのラブレターでもあります。真摯にひとりに向けた言葉じゃないと、多くの人にも伝わらない。身近なひとりに向けて言った言葉というのは、みんなにも伝わっていくと思っています」と語った。

 今回解禁された映像は、森宮さんと優子が親子でキッチンに立ち味見をする姿や、楽しそうに買い物に出かける様子。梨花とみぃたんが結婚式で笑顔で見つめ合う姿、遊園地で仲良く遊ぶ姿からはじまる。

 血の繋がらない「父と娘」と「母と娘」の2つの家族の、親子の愛情にあふれた幸せな日常が描かれるが、早瀬くんから発せられる「お互いを尊重出来て、実の親子より余程いいよ」という言葉と裏腹に、実の親子ではない2つの家族には、命を懸けた嘘と秘密があったことが明かされる。梨花は「ごめんね、みぃたん。私は最低の母親でした」という言葉を置いて、みぃたんの前から消えてしまう。そして森宮さんが「実はさ…」と神妙な面持ちで話し始める衝撃の告白に、「え…」と驚きを隠せない表情をみせる優子。

 クライマックスには、「大体なんで気づいてあげられなかったの」と感情を押さえられず森宮さんに叫ぶ優子に、大粒の涙をこぼすみぃたん。父・森宮さんの隠していたこととは一体何なのか…? そして母・梨花が消えた理由とは…? 2つの物語が繋がったとき、初めて明らかになる「命をかけた嘘」と「知ってはいけない秘密」を知り、驚きと共に今年最大の感動があなたに訪れる。

 そして本作のインスパイアソングとして、令和最注目のピアノロックバンド・SHE’Sが決定。本作にインスパイアされ制作されたという楽曲「Chained」が本予告映像の中盤で流れると、2つの家族の物語をさらにエモーショナルに引き立てる。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)