城桧吏

 城桧吏が1日、都内で行われた主演映画『都会のトム&ソーヤ』公開記念オンライントークイベントに登壇した。原作者・はやみねかおる氏と脚本家・徳尾浩司氏によるトークイベントに、酒井大地とともにサプライズ登場。「謎解きを通して成長していく姿が魅力的。是非映画館に足を運んでください」とアピールした。

 はやみねかおる氏による、シリーズ累計180万部を超える推理小説が原作。“究極のゲーム”を作るため、都会の様々な場所を舞台に凸凹中学生コンビが推理と冒険を繰り広げていく。映画版は原作では描かれていないオリジナルストーリーを展開sる。

 主人公の内藤内人役は話題作への出演が続く中で本作が初主演となる城桧吏。内人とバディを組む相棒・竜王創也役は「スターダストプロモーション 第1回 スター☆オーディション」で男子グランプリを射止め、本作で映画デビューを飾る酒井大地。

 監督は『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』が控える河合勇人氏。脚本は『おっさんずラブ』などの大ヒットメーカー、徳尾浩司氏が担当。

 映画の公開にはやみね氏は「嬉しいというか実感がない。でも映画になって夢みたい」と喜び、徳尾氏も「小説の世界観をそのまま映像化するために時間をかけて脚本を作ってきたので、無事に公開されて嬉しい」と封切りに感慨。

 脚色に当たって徳尾氏が「今回の原作を読んで、子供の頃に感じたワクワクする体験を大人になって体験させてもらった。その感じを脚本に落とさなければと思った。原作は皆さんに愛されている作品なのでプレッシャーもありました」と明かすと、はやみね氏は「セリフなどを読んで僕の原作を大事にしてくれていると思って安心しました」と徳尾氏による脚色に太鼓判を押した。

脚本家・徳尾浩司氏、原作者・はやみねかおる氏、城桧吏、酒井大地

 そして、サプライズで城と酒井がステージに登場。この粋なサプライズにはやみね氏は「ビックリ!」、徳尾氏も「2人が映画の中から飛び出して来たみたい!」と大興奮。城は脚本について「あっという間に読み終わった」と絶賛。酒井も「脚本の面白さにハマりすぎて学校の授業に遅れそうになった」と笑わせた。

 そんな2人のコンビネーションぶりに徳尾氏は「抜群!」、はやみね氏も「仲の良さが画面から伝わって来て、2人が走るシーンは見ていてウルっときた」とバディぶりに目を細めた。

 現在、東京五輪が開催中だが、印象的な競技として城は、スケートボード男女の活躍を挙げ、「スケボーは感動しました。自分よりも年下なのに金メダルを獲得していて凄い!」とアスリートたちの姿に尊敬しきりだった。

 最後に主演の城は「2人の凸凹コンビが支え合いながら補い合いながら、謎解きを通して成長していく姿が魅力的。是非映画館に足を運んでください」とアピールした。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)