浅香航大

 林遣都(30)、中川大志(23)、大原櫻子(25)、浅香航大(28)、篠原哲雄監督(59)が22日、都内で行われた、映画『犬部!』初日舞台挨拶に登壇した。この日は主題歌「ライフスコール」を担当したNovelbrightの竹中雄大(25)も応援に駆け付けた。

 片野ゆか著『北里大学獣医学部 犬部!』(ポプラ社刊)を原案とした青春映画。2004年頃に青森県十和田市にある北里大学(十和田キャンパス)に実在した動物保護サークル犬部。設立した獣医学部の学生をモデルにした主人公の、仲間たちと共に動物を守ろうと奮闘した過去と、獣医師となって一人で新たな問題に立ち向かう現代の姿を描く。

 主人公・花井颯太を演じるのは林遣都。その相棒で同級生の柴崎涼介に扮するのは中川大志。「犬部」の後輩メンバーで猫好きの佐備川よしみを大原が演じる。

 浅香が演じるのは、「犬部」の後輩メンバーで、教授の手伝いで実習用の動物を世話していた秋田智彦。

 林、中川、大原が動物との撮影を振り返るなかで、浅香は「動物たちはみんな可愛いけど、人間も頑張りました!」と胸を張り、「アドリブが散りばめられていて、それで関係性が作った感じもありました」

 撮影は去年の夏。青森県十和田市を中心にロケで行われた。過去に行われた舞台挨拶では、大自然や動物に囲まれての撮影は演じる上で大きな影響を与え、キャストとの信頼関係も自然に構築されたとの趣旨がキャストから語られていた。

 この日の浅香も、関係性は十和田のロケで作り上げられ、散りばめられたアドリブはその関係性を象徴しているとの趣旨を語り、「遣都くんがアドリブをたくさん振ってきて、僕はいじられていた」と笑った。

“犬部”の大原櫻子、林遣都、中川大志、浅香航大

 林のアドリブは多かったようで、中川は、浅香演じる秋田の父から車を借りてくるシーンで「その車をめちゃくちゃ蹴るという」と明かすと、監督は「それは指示していないです」ときっぱり。ただ「秋田はそういうところでいられるタイプ。カメラを『それ親父のだから』と言うシーンがありますが、あれも林君のアドリブ」と明かした。

 監督の話をニヤニヤしながら聞く林。「そうそう『売っちゃえ』とかね」と笑いつつ、共演経験のある浅香を「昔から信頼している役者仲間。心強くて、そういうなかで更に縮まって」と信頼関係があったうえでのアドリブだったと明かしたものの、浅香の方を見て「きょう、かっこいいね」とにやり。照れる浅香もにやりとしていた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)