レモンが割れ驚く吉川愛に対し、喜ぶラウール

 ラウール(Snow Man)と吉川愛が20日、都内で行われた映画『ハニーレモンソーダ』の大ヒット御礼舞台挨拶に登壇した。

 【写真】カメラ目線のラウール。直筆で「プルプル」

 村田真優氏の同名大ヒット少女コミックが原作。髪をレモン色の金髪に染め、基本的には塩対応だが、実は誰よりも優しい三浦界(ラウール)と、内気な自分から変わりたいと願う石森羽花(吉川愛)の甘酸っぱい恋愛を描いた。

 大ヒット中の本作。ラウールも周囲の反響の大きさを実感しているといい「うれしい」と喜んだ。

 この日は、本作の見どころなどが語られるなかで「この夏休みに一歩踏み出してみたいこと」を明かすことに。20日から夏休みに入っているというラウールは「夜更かし」をボードに書いた。

 これまでは夏休みでも夜11時までには寝ていたという。「18歳になったので夜更かしして朝『眠いよ』と言いたい」。

 MCから「早寝を心がけていたのか」と聞かれると「心がけていないけど、寝ちゃうんで…。18歳になったら夜更かししているのがいいなと思い始めて、おうちでやってみようかと。(朝)4時とかにゲームを始めちゃうみたいなことに憧れます」とにっこり。

 ただ、吉川は「寝ちゃうとか、赤ちゃんみたい」とほほ笑むと、ラウールは「眠ってしまうので…大人だったら11時までに寝ないと思うので、夜更かしして一皮むけようっと。くまでもつくってやろうかなと。3、4つと」と“意欲”を見せていた。

Photos

none...

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)